ブログ

建築家 秋山の子育て日記 vol.7

2017.11.27

みなさん、こんにちは。

娘が可愛すぎて可愛すぎて、娘の手のひらの上でころころと転がされている秋山です。

身体の節々が擦れてまんまるになるくらい、転がされれば本望です。

 

さて、今回は「呼び方」について書こうと思います。

 

半年程前、私たちの娘も単語を口にするようになりました。

ご多分に漏れず、意味が通じるのは「ママ」と「パパ」から始まります。

今はじょじょに意味をなしていっているかな、という言葉が散見されてきています。

ネコのことをニャンニャンとか、犬のことをワンワンとか。

(実際は「にゃぁにゃ」とか「わぁわ」とかになってますが)

 

そんななか、半年前から駆使し始めた「ママ」はそれはもう、

表現のバリエーションも増え、力強さも増すばかりです。

 

なのに、「パパ」消えた。

 

いつの頃からか、「パパ」という単語を口にする事が極端になくなりました。

いや、言える事は言えるのです。言おうと思えば言えるんです。

言えるんですが、言わないんです。

なぜだろう??

 

そして、もっとなぜだろうと思うのが、

私のことを「ママ」と呼ぶのです。

 

もちろん、妻のことも「ママ」と呼びます。

 

必然的に「ママ」と呼ばれると妻も私も振り返ります。

ママ2人体制。

 

当初は「ママじゃないよ、パパだよ」

と言ってきかせていたのですが、

一向に「ママ」と呼ぶ事が多くなってしまったので、

もう、「ママ」でいいや。というのが今のところの心境です。

 

なぜ娘が私のことまでも「ママ」と呼ぶようになったかは、皆目検討がつきません。

しかし、そんななかでもなんとなく、

妻を呼ぶ「ママ」と私を呼ぶ「ママ」には、

表現に微妙な差異があるように感じてきました。

 

妻を呼ぶ時は屹然と「ママ」と発音します。

はっきりくっきり、クリアな「ママ」です。

 

私のときはどちらかというと「まぁうまぁ」といか「もぉあもぁ」というか。

なんというかふんわり言っているように感じます。

 

なんとなく。

もしかすると、気のせいかもしれませんが。

 

おそらく、娘の中では「ママ」の使い分けをしているのではないか。

同じ音でも、表現の際によって結果が違うことを楽しんでいるのではないか。

などなど推察するのですが、真相はもちろん、娘の胸の中。

 

ということで、今日も「ママ」と呼ばれて笑顔で振り向いています。

建築家 秋山の子育て日記 vol.6

2017.11.20

とあるリフォーム業界向けの雑誌に取り上げていただきました。

 

本当はリノベーションについて実例を交えながら、

お話をさせていただくという企画だったのですが、

話が逸れに逸れて、結局落ちついたのが、子育てと仕事の両立のお話。

 

 

秋山立花はスタッフ3名のうち2名がこどもを持つお母さんで、

私自身、1歳7ヶ月になる娘がいます。

必然的に子育てをしながら仕事をしていくことになります。

子育てと仕事の両立って本当に言うだけなら簡単なんですが、

実際に行なうとなると、さまざまな工夫が必要になってきます。

努力や根性では立ち行きません。

しっかりと考えて、制度化し、かつそれを柔軟に運用できなくては、

仕事と子育ての両立できる事務所にはならないのです。

 

 

少なくとも、秋山立花は子育ても仕事もしっかりと両立できる、

職場環境を整えて実践しています。

 

なによりも私が、それを必要としていましたし、

そうした環境があれば、スタッフも気持ちよく働く事ができます。

 

もちろん、その環境を維持するためには不断の努力が必要になりますが、

その努力はこの先、仕事の安定と拡大に大きく寄与してくれると信じています。

建築家 秋山の子育て日記 vol.5

2017.07.24

暑い日が続きますね。

熱中症のニュースも頻繁に目にするようになりました。

水分補給をこまめにして、暑さ対策、熱中症対策しながら、

おでかけしたいですね。

 

さて、1歳3ヶ月になった娘。

どんどん、自我というか、個性がでてきます。

ご飯を食べる時もそう。

 

最近、自分の手で食べたいという意欲が出てきたと思ったら、

ご飯で遊ぶようになり、

いつの間にかそれが収まって、いまは黙々と食べています。

順調に成長しているんだなぁと思う反面、

不思議なのが「ご飯はパパが食べさせてくれるもの」という認識が、

いつのまにか出来上がっていたことです。

 

家族3人でご飯を食べている時。

妻がスプーンで娘にご飯をあげようとすると、

そのスプーンを奪い取って、

「んっ!!」

と私に差し出します。

まるで、

「ご飯を食べさせるのはパパの仕事でしょっ!!」

と言わんばかりに力強く。

 

何度か試してみても、必ず、私にスプーンを差し出す娘。

 

娘の従者になった気分。

 

いったいなぜそんなことになったのか、分かりませんが、

こうした変化を見ることができるのは本当に楽しいです。

 

しばらく経てば、またちがったことをやりだすんだろうな。

建築家 秋山の子育て日記 vol.4

2017.07.20

最近、娘はとにかく歩きたがる。

今月の初めには数歩が限界だったのだけど、

いまではずんずんずんずんと歩く歩く。

もちろん、まだバランスが微妙でちょっとしたことでコテっと尻餅をつくのだけれど、

目覚ましい進歩で歩く事を覚えていっている。

 

そんな娘が昨日、初めてオムツを立った状態ではけるようになった。

オムツを床すれすれにスタンバイして、

足が入れやすいように手で押し拡げておきながら、

「はーい、オムツはきますよー」っと声掛けすると、

ニヤっと笑いながらそろそろと片足を上げる。

私の肩や、壁に手をつきながらだけれど、片足立ちをして、小さな足をオムツの中へ。

 

スッと片方が入るのを見届けて、

「はーい、こんどはこっちー」と声をかけると、

声を上げて笑い声を発し、もう一方の足をオムツの中へと入れていく。

 

そこですかさず、オムツをススッと上に持ち上げれば、

なんと楽にオムツをはかせられることか!!

 

できる事が増えていく娘の姿が、まばゆいばかりに光って見えます。

建築家 秋山の子育て日記 vol.3

2017.06.26

今日は、娘が急な発熱のため、保育園をお休み。

 

37.5度の境界線。

 

行けるかな、行けないかなと逡巡している間に、

これは病児保育も間に合わなそうだなという時間。

 

これはもう割り切って、一緒に家で過ごすしかなさそう。

ということで、本日お打合せの予定をいただいていた方々に、

直前の無理なスケジュール変更をお願いしての、家作業。

 

御対応いただきまして、本当にありがとうございます。

 

発熱といっても本人は元気に遊んでいるし、

いつも通り、よく食べる。

体調の面では特別心配する必要はないので、

私は仕事しつつ、娘と遊びつつ。

 

丸まる一日、娘と過ごしていると、

「あー、こんなことができるようになったんだ」

という発見が多くて、びっくりする。

 

昨日までできなかった事、やらなかった事を

突然、今日、やりだす。

 

このくらいの年齢のこどもたちにとっては、

当たり前のことだとは思いつつも、

そのひとつひとつの変化が愛おしくて、

間近で見る事ができる幸せをかみしめています。

2 / 3123