ブログ

上星川訪問記 第九回

2016.09.26

みなさん、こんにちは。秋山です。

恒例の上星川訪問記も9回目を迎えました。

14407941_846378928826686_641488530_o

 

プロジェクトをスタートさせて、まだ一年も経っていないのが不思議な感じがします。

 

14438905_846379252159987_749152940_o

 

今回は「ヨコハマ市民まち普請事業」の最終審査に向けた定例の打ち合わせも兼ねています。

横浜市の職員さんも交え、意見交換。

新しく上星川商店街に建つことになるビルの屋上を地域の広場として開放します。

どうすれば、商店街の方々、地域の方々に気軽に使ってもらえるか。

どうすれば、魅力的な屋上空間となるか。

そして、どうすれば商店街の賑わいに寄与することができるか。

審査用の資料提出まであと2か月。

より良い提案にできるよう、模索が続きます。

 

14408247_846378962160016_223960501_o

 

さらに、今回のミーティングには「仕事旅行社」さんからの旅行者もお二人参加。

仕事旅行とは、、、

 

『普段見かけるフラワーショップの店員さんはどういう想いで仕事をしているんだろう。
『毎日使っているこのメガネはどうやって作られているの?
『大好きなお寿司。職人さんの技をもっと近くで見てみたい。

普段の生活で経験することのない、見たことのない仕事を見に行こう。
さまざまな仕事を知るきっかけを提供するのが『仕事旅行』です。
(仕事旅行社さんホームページより抜粋)

 

という一風変わった「旅行」を提供している会社さんです。

今回は秋山立花の仕事ぶりを体験する「旅行」に来てくれました。

少しでも多くの人に、上星川商店街を知ってもらう良い機会でもあります。

旅行者さんも交え、ここまでの活動の報告と、これからの動きの確認。

そして、ビルの設計の打ち合わせ。

プロジェクトが進んで行くに従って、打ち合わせの時間も長くなっていきます。

 

14467170_846379115493334_249157918_o-2

 

そして最後は恒例の飲みへ。

飲み。

それは街づくりと切っても切り離せないもの、、、

こうして今宵も上星川の夜は更けていくのでした。

上星川訪問記 第八回

2016.08.01

みなさんこんにちは、秋山です。

少し前になってしまいますが、7月19日は上星川定例会でした。

定例会も8回目。
話題となるトピックも具体的なものが多くなってきました。

今回のメインの議題はなんといっても、「坂本小学校」

坂本小は上星川商店街のすぐ近くにある、地元の小学校です。
こちらの先生から、上星川商店街での取組みを
小学校の総合学習のテーマとして、ぜひ取り組ませていただきたい。
と打診を受けました。

当日、実際に先生が打合せに来てくれるという熱の入りよう。

小学生と商店街。
どんな取組みに発展していくのか、わくわくがとまりません。

 

そして、9月3日に行なわれる「スリッパ卓球」も重要なトピック。

昨年から和田町商店街で行なわれていたスリッパ卓球に、
今年は上星川商店街も加わります。
すでにタウンニュースさんでもこんな感じで取り上げられています

タウンニュースの記事

飛び入り参加自由、というかほとんど飛び入り参加だと思いますので、
9月3日はぜひ上星川商店街へ。
上星川商店街代表を勝ち取って、
全保土ヶ谷のトップを目指してみてはいかがでしょうか?

 

パン屋さんの誘致だけではなく、
商店街全体が盛上がるように、これからも取組みは続きます。

ところで、今回も写真を撮り忘れてしまいました。
話に夢中になっていると、ついつい、撮影を忘れがちに。
反省です。

上星川訪問記 番外編2

2016.07.04

このところ、連続して上星川のネタですが、今週も上星川です。

先週の土曜日(7月2日)は「ヨコハマ市民まち普請事業」の1次コンテストの日でした。

事業の内容を横浜市のホームページより引用します。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
この事業は、横浜市地域まちづくり推進条例に基づく支援策のひとつとして、
市民のみなさんから身近なまちの整備に関する提案を募集し、
2段階にわたる公開コンテストで選考された提案に対し、
最高500万円の整備助成金を交付するものです。

この事業では、市民のみなさんが身近なまちの整備に関するアイデアを出し、
共感する人を集め、議論、計画づくり、合意形成、整備、維持管理まですべて
自分たちの手で取り組み、市はそれらを市民が主体となって実現できるようサ
ポートを行います。

事業の特徴
1、ソフト面(活動)の助成ではなく、ハード面(整備)の助成であること。

2、助成金の助成率を設定しない代わりに、市民に整備に要する費用、整備に
おける労力又は整備した施設の維持管理などの負担などを求めていること。

3、多様化する市民ニーズに対応し、整備分野を限定していないこと。

4、1次コンテストを通過した提案グループに対し、行政との話し合いの場づ
くりや活動費用などを支援し、その上で2次コンテストを行うという2段階の
選考システムとしていること。

5、コンテストでは、選考のプロセスすべてを公開し、公平性、透明性、公開
性を確保していること。
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

つまりは市民が主体となって、地域の課題解決や交流のための整備に対し、
助成金を交付して、横浜市が後押しをしてくれるというもの。

今年は13組の応募があり、1次コンテストを通過して最終審査に進めるのは、
6組ということがアナウンスされていました。

私たち、上星川プロジェクトの仲間たちも、
誘致をしたパン屋さんのために新築する新しいビルの屋上を
地域に開放する、広場とすべく、プレゼン資料づくりを進めました。

IMG_2063

プレゼン資料は模造紙にて。という指定。

 

IMG_2064

模型もつくります。

 

IMG_2065

プレゼンは6分間。いかに伝え、いかに表現するか。プレゼン練習にも時間をかけます。

 

そして迎えた当日。

IMG_2068

プレゼンの様子はこんな感じで、、、

13548891_1037802199609068_744384187_o

 

そして、結果発表!!

 

IMG_2072

薄氷でしたが、無事に1次審査を通過することができました!

 

今回のプレゼンを通して、私たちの活動の改善すべきところも見えてきたので、
本当に有意義な時間でした。

今後、より具体的な形に落とし込んでいく作業を続けていきます。

 

また、今回の事業に応募しようと提案したのは、学生たち。

主体的に動き、考え、作業して、この結果を勝ち取りました。
最後の2週間くらいは授業外の時間も相当使ったと思います。

大変よく頑張りました!!

上星川訪問記 第七回

2016.06.28

みなさん、こんにちは。
秋山です。

上星川商店街での取組みも、半年が経ちました。

この間、様々なことが起こりましたが、
商店会のみなさん、町内会のみなさんからの応援もいただけて、
この取組みが地域全体の後押しをいただけるようになってきました。

地域の活性に一番大切な事は、
やはり、その地域に住む方々の熱意と応援だと思います。

上星川商店街の地域活性。
これからも頑張っていきます。

さて、第7回を迎えたミーティングですが、
すっかり写真を撮り忘れてしまいました。

そこで、今回はミーティングの主要テーマであった、

ヨコハマ市民まち普請事業」について!
ヨコハマ市民まち普請事業は地域のまちづくりのために、
新たに整備をする建物などに横浜市が補助金を出してくれる事業です。

これはまさに、このプロジェクトにぴったりだ!
ということで、プロジェクトメンバー、学生のみんなとともに挑戦することに。

7月2日 土曜日 にその第一回のコンテストが行なわれます。

応募をされた提案の中から、プレゼンテーションを通じて、
補助金の対象となる事業をコンテスト形式で決めていきます。

開催要項←クリックすると開催要項が見れます。)

プレゼンテーションに向けて、真剣に討議する学生たち。

IMG_7134

 

天野キャプテンも当日の練習に余念ががありません。

IMG_7182

 

7月2日は一般の方もご来場いただけますので、
ぜひ、私たちの提案を応援に来てください!

 

ちなみに、そんな上星川の活動が「はまれぽ.com」さんにも取り上げられました。

横浜のキニナル情報をキャッチして、取材をしている「はまれぽ.com」さん。

素敵な記事にまとめていただいたので、ぜひご高覧ください。

上星川訪問記〜メディア情報〜

2016.06.18

みなさん、こんにちは。
秋山です。

秋山立花が関わらせていただいている、上星川での活動が、
本日(6月18日)の東京新聞朝刊横浜版で取り上げられています。

取材してくださった、志村さんありがとうございます。

これから、実際にパン屋さんが入るテナントビルを建てるべく、
活動も加速度を増していきます。

東京新聞_20160618

4 / 6123456