ブログ

政治の季節

2012.11.26

私事で大変恐縮なのだけれど、
今日でちょうど31歳6ヶ月になった。
だからどうしたというわけでもないのだけれど、
31歳も折り返し地点を過ぎた訳ですね。
充実した1年だったと言えるように、残りの半年、走って行きたい。

さて、世間は衆院議員総選挙に向けて、にわかにざわついてきた。

「政治にとても興味があります」というと、
なんだか変な目でみられがちの世の中だけれど、
政治とは僕たちの生活に密接に関わってくるので、
本来、無関心ではいられないものだと思う。
というわけで、僕はとても強く政治に興味がある。

僕は前述の通り、31歳6ヶ月なので、
選挙権を得て11年6ヶ月になる。
この間、いくつかの選挙があり、その度に投票に行ってきたけれど、
いつも気になるのが、投票率の低さである。
特に、僕らの世代の投票率の低さだ。

投票というのは社会を変える、一番てっとり早い方法だと思う。
例えば、いままで投票に行っていなかった人が、
真剣に考えて投票所に向かったとしよう。
そんな人がひとつの選挙区で1000人も出てくれば、
選挙結果が変わる可能性だってある。

例えば、僕らの世代が全員投票に行ったとしたら、
立法府は僕らの世代の声を無視することはできない。

デモを行うよりも何よりも、
社会に対して自分の考えを訴え、そしてそれが反映される方法の中で、
最も簡単な方法が『投票』なのだ。

なので、特に僕らの世代のみなさん。
めんどくさいとか、どうせ何も変わらないとか言っていないで、
周りの人を誘って、ぜひ投票へ。

誰に投票しようとか、どの党に投票しようとかは言わない。
それはその人それぞれが、その人の頭で考えるしかない。

ただ、覚えていてほしい。
あなたの持っているその一票の権利は、
『本当に社会を変えることができるかもしれない』大切な一歩なのだと。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。