ブログ

30

2011.05.23

あと3日で30歳になる。
いよいよだなという感じもするし、ちょっと残念な気もする。

「30にして立つ」という孔子さんの有名な言葉があるせいか、
なんとなく特別な、なんとなく区切り的な、
そんな雰囲気が「30歳」という言葉からは感じられる。

建築の世界では40代でも (時に50代でさえ) 若手だと言われる。
だけど、僕は30歳を迎えたそのときから「若さ」を武器にすることはやめる。

30歳なのだ。
世間一般的に見れば「若い」ではすまされない。

「秋山くんは若いのにしっかりしている」から
「秋山くんはさすがにしっかりしている」と思われるようにならなくてはならない。

この「若い」という枕詞を取り払ったその先にこそ、真の信頼があると思っている。

「若いのにすごい」というのは言葉を返せば、
「若くなかったら別にそうでもない」ということでもあるのだ。

これからはより一層、自らを律しなくてはならない。

そんな粛然とした思いとともに、30代というのが楽しみだという思いもある。

30代は仕事もプライベートもいろいろな出来事が起こる。
嬉しい事も、悲しい事も、不思議な事も、どんどん起こるだろう。

もちろん、10代だろうが20代だろうが、
そういったことは程度の差こそあれ起こっていたのだけれど、
30代というのは、
より「生々しい感触」を伴って感じられるのではないだろうかという気がするのだ。

はっきりとした根拠はどこにもない。
あるいは、すでに30代を経験されている方からすれば、
まったくそんなことはなかったよと言われるかもしれない。

ただ、なんとなくではあるのだけれど、僕はそう感じているのだ。

大きな期待と少々の不安を持って、
僕はいままさに、30代に手をかけようとしてる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。