ブログ

雪の忘れは

2011.03.07

寒い寒いと思っていたら、
窓の外には雪がひらりはらりと舞い散っていた。
思わずやれやれと考えてしまうあたり、
大人になったんだなと妙な感慨にひたる。

そうなんです。
雪をみて、電車の運行は正常だろうかとか、
足下危ないから気をつけないとなとか考えるたび、
もうこどもじゃないんだな、僕も大人になったんだなと気づかされます。

今朝も外では近所のこどもたちが歓声をあげながら、
帰るまでに積もったら雪遊びしよーよ。とはしゃいでおりました。

しかし、そこらへんは無情なもので、
午後になれば雪から雨に変わり、
うっすらと積もりかけて白くなっていた地面も、
あっけなくアスファルトの色に戻っていきました。

朝のこどもたちの会話をふと思い出しながら、
残念だったね。
積もらなかったね。
と思いつつも、
あぁ、積もらなくて本当に良かった。
とひょうひょうと考えてしまうあたり、
こどもの頃のあの純白の心には戻れぬのかと、
寂しくもあり、悲しくもあり、
でも戻ったら戻ったでめんどくさそうだな、
と思ってみたりするのでした。

しかし、関東平野南部の比較的温暖なこの横浜で、
これだけ雪の日が多いのも珍しいですよね。
どれくらいぶりなのだろう。

夏の暑さもそうでしたが、
どうも昨今は何かと極端に走るようです。
極端から極端へとせわしなく。

もう少しどっしりと腰を据えて、
しっかりとバランスをとらないと、
何事もうまくいかないんじゃないかなと、
生意気ながらにも思うのです。

今日の雪が忘れ雪になるといいですね。
こどもたちには悪いのだけれど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。