ブログ

贔屓

2010.09.29

『贔屓』
1、気に入った者に特別に目をかけ、力を添えて助けること。後援すること。
2、後援者、パトロン。

事務所からぶらりと歩いて10分ほど。
ちいさなちいさなお弁当屋さんがある。

定休日の月曜日を除いて、時計の針が12時を回ると、
ぶらりぶらりとそのお弁当屋さんに向かうことになる。

500円玉さえ持っていけば、
栄養バランスがとれたおいしいお弁当を買えて、しかもおつりがくる。
秋山立花全員のお腹とお財布を守ってくれる、心強い味方だ。

メニューが豊富だから、毎日通っても飽きることはない。
ちょくちょく顔を出すものだから、
お店のおばちゃんとたまに世間話をするようになった。

「今日も暑いねー」とか
「事務所、あそこの部屋でしょ?外から見ても分かるわよ」などなど。

お腹も満たされるけれど、心も満たされる。

その隣にはこれまたこじんまりとした和菓子屋さんがある。
1週間に1度くらいの間隔で、梅大福を買いにいく。
程よい酸味、程よい塩っけ、程よい甘さ。
いつもいつも2つにしようか1つでやめておこうか迷うのだけれど、
いつもいつも1つで我慢している。

先週も例のごとく梅大福を買い求めたら、
「これ、おまけでつけとくね」と豆大福をくれた。

右手に梅大福、左手に豆大福。
口の中も、心の中もほくほくになったのは言うまでもない。

本当に素朴で、地元の人しか知らないようなお店だけれど、
「あそこはちょいちょい通ってる贔屓の店でね」みたいな感じで、
長くつきあっていけるお店があることは、
人生にほんの少しだけ、彩りを与えてくれる。

そんなお店では、
物の売り買いだけではなく、心のやりとりがしっかりと根付いている。
秋山立花も見習わなければいけない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。