ブログ

少しの進歩、確かな喜び

2010.08.09

僕は毎週1回はジムに通って汗を流すようにしている。
本当はもう少し回数を増やしたいのだけれど、
無理なく継続できるペースは今のところ、週に1回だ。

このブログもそうだけれど、
とにかくまずは週に1回と決めて、
継続していくことに慣れることが、まずは肝心だと思う。

焦らずじっくりと自分のペースをつくっていく。
僕は割とそういうことが得意な人間かもしれない。

さて、話がちょっとずれてしまったけれど、ジムの話です。

僕は決まって、
ジムに行くとストレッチ、ウェイトトレー二ング、ランニングマシーン。
という順番でこなしていくことにしている。

ストレッチとウェイトトレー二ングは高校野球をしていた時に経験があるので、
だいたいその頃のメニューと同じことをやる。

ただ、17歳の頃に持っていた瞬発力はこの12年間で儚く萎んでいたので、
ショックを受けながらも、軽めの負荷で筋肉をいじめていく。

40分ほどでウェイトトレーニングまで終えると、
あとは50分間、黙々とランニングマシーンをつかって走る。

体調の好不調もあるけれど、
だいたいいつも決まったペースで、決まった距離を走っている。

それが先日、なぜかいつもよりも体の動きが軽いことに気づいた。
いつものペースが遅く感じられ、足の回転もいつになく力強い。

試しにペースをあげて走ってみてもまったく苦にならず、
気づいてみたら今まで見たことのない距離を走っていた。

こつこつと走っていたことで、
どうやらしっかりと体力がついていたらしい。
これは僕にとって、嬉しい驚きだった。

他の人からすれば本当にどうでもよくて、
自分自身しか喜ぶことのないような出来事なのだけれど、
こういった少しの進歩を実感することができるというのは、
人生における確かな喜びだと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。