ブログ

高校野球

2010.07.12

7月11日にいよいよ神奈川県大会が始まりました。
高校野球の季節です。

学生スポーツの一競技が、
日本全国で、しかも老若男女問わず、
毎年多くの関心を集めているのだから、
高校野球というのはすごいと思う。

僕もいわゆる高校球児だったわけで、
この季節になると自然と高揚感がわき上がってくる。

母校の試合も近づいてきて、
観戦に行きたくてしょうがないのだけれど、
今年は仕事があるので行く事ができない。

後輩たちがグラウンドで汗を流している瞬間に、
僕は現場で汗をかいている事だろう。

夏の高校野球と夏の現場に共通していることの一つに、
とんでもない「暑さ」がある。

元高校球児であり、現場監理者でもある僕としては、
高校球児も現場の職人さんも、
熱射病にだけは気をつけてもらいたいと切に願っている。

ところで、野球場に入場して、
ちょっと暗い通路を歩いていき、
パッと視界が開けて眼前にグラウンドがひろがる時の
あの刺激的な空間体験っていいですよね。

建築に携わる元高校球児としては、
「野球場」の設計は憧れである。

いつか必ず、野球場の設計を秋山立花で手掛けたい。
そして、その球場で野球を観戦しながら
おいしいビールをジャブジャブ飲みたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。