ブログ

将棋

2015.01.27

最近、わけあって十何年振りに将棋を指した。

僕の将棋の腕前は
「駒の動き方をぼんやり知っている」
といったくらいなので、当然、ものすごく弱いです。

ただ、わりと真剣に何度か対局をさせてもらっていると、
(勝率は2割もいっていないけれど、それでも)
将棋ってすごく楽しいんだなということが実感できる。

すごい良い頭の体操というか、なんというか。

毎回毎回試行錯誤しながら、
そして、毎回毎回同じにならない結果に、
ぐっと引き込まれる力強い魅力がある。

初心者向けの将棋の本を買ったので、
しっかり勉強して、次に将棋をするときには、
もう少し、向上していたいなと思う。

ちなみに、なんでかはわからないのだけれど、
無性に「王将」で積極的に攻めていく衝動があります。
王将、取られたら終わりなのに、
しらずしらずのうちにどんどん攻め上がっている。
きっと自分の今の仕事の仕方が反映されているんだろうな、、、

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。