ブログ

そんな時もある、前を向こう!

2017.06.09

世間様は巨人の13連敗の方に眼がいっておりますが、

我らがヤクルトスワローズも負けじと負け続けております。

もはや風物詩とも言える、けが人の続出。
打っては、出ないヒット。
投げては、バットに吸い込まれていくボール。

まぁ、なかなか勝つのは難しいですね。

 

とは言え、もう30年以上応援をしている、
オールドファン(?)の僕からすると、昔はもっと弱かった。

本当に弱かった。

まだ幼い頃、親に連れられた神宮球場の巨人戦で、
プレイボールから少し遅れて球場についたら、
すでに7失点して、負け試合濃厚になっていた(実際に大敗した)
なんてことはざらでした。

関根監督は勝つ気があるのだろうか。。。
と、こどもながらに心配していたものです。

それが野村監督の時代を経て、
もしかすると優勝争いができるよね。
という期待感を毎年シーズン前にはできるほどのチームになりました。

毎年、5位。5位でなければ6位。
というチームだったことを考えると、すごい進歩ではないですか。

そんな弱い時期を知っていると、
いまのような状況も、まぁ、スワローズだしね。
と達観できるというもの。

いまは連敗、連敗、また連敗ですが、きっと良い事ありますよ。
まだまだペナントは試合も残っていますし、いつかは勝つ日が来るはずです。
けが人と、つば九郎の話題以外でも、ニュースに取り上げられる日がいつか。

そんな時もある、前を向いて行きましょう。

建築家 秋山の子育て日記 vol.1

2017.05.30

娘が1歳の誕生日を迎えてから1ヶ月ちょっと。

4月から通っている保育園にもだいぶ慣れてきて、
ここ数日の暑さのおかげで、あせもができてきた今日このごろ。

最近、朝、洗濯物を干していると、
娘が嬉々として近くにやってきて、
お手伝いをするようになった。

洗濯かごから思い思いに洗濯物をつかんでは、
ひょいひょいと僕に渡してくれる。

渡されるたびに、
「ありがとー」と頭をなでなですると、
「あー」と言って、やや照れる。

少しずつ、少しずつ、
コミュニケーションの幅が広がってきているなと実感する。

絶賛、スタッフ募集中!

2017.05.28

私事で大変恐縮でございますが、
先日5月26日に36歳になりました。
年男です。

あまり、物欲がなく、誕生日プレゼント何が良い?
と聞かれても、特段、思いつくものがないのが悩みどころなのですが、
よくよく考えると、有りました。

喉から、手が出るほど、欲しいもの。

というか、人。

秋山立花、絶賛、スタッフ募集中です!!

誕生日プレゼントっていうと語弊がありますが、
本当に、本当に、スタッフが必要です。

もし、下記に該当するような方がいらっしゃいましたら、
ぜひ、一度、お問い合せを頂ければ幸いです!!!

 

職種:建築の設計監理
勤務地:京都 もしくは 横浜 (特に京都)
経験:建築の設計事務所などで2年以上の実務経験
使用ソフト:Archi CAD (使用経験があるとなお良しですが、なくても良いです)

例えば

結婚や出産。あるいはパートナーの転勤で、
勤めていた設計事務所辞めざるを得なくなったけれど、また設計やりたいな。
でも、前みたいに徹夜とか超長時間拘束とか、無理。絶対無理。

と思っている方。

秋山立花は設計事務所では珍しく、残業無しです!!
そして、お子さんが熱を出してお仕事休むときは、全て有給扱いです!!
もちろん時短勤務や、週3とかの勤務も可です!!

上星川 街の活動記録 〜地鎮祭〜

2017.04.12

みなさん、こんにちは。
秋山です。

久しぶりの上星川ネタです。

上星川訪問記 から 上星川 街の活動記録 と名前を変えて、
改めて、その記録を残して行きたいと思っています。

 

さて、引き続き、毎月毎月ミーティングを重ねている
上星川のプロジェクトたち。

そのなかでも肝となっている、
パン屋プロジェクトと屋上広場プロジェクト。
その新築されるビルの地鎮祭が行なわれました。

いよいよ、工事が始まります。

17862584_1305548402868537_8313621982104358674_n

 

暖かい、お花見日和が続いていたここ数日だったのですが、
なぜか、この日だけピンポイントで雨。

そして、冬に逆戻りしたかのような、寒さ。

 

1491897659795

そんな中でも、工事の無事を祈り、
地鎮祭は厳粛に進んで行きます。

 

1491897706894

お施主様
施工会社
FM上星川のみなさんも出席して、お祓いを受けます。

 

1491897762110

えいっ! えいっっ!! えいっっっ!!!
と気合いを入れて鎌入れを。

 

1491897848725

関係者全員で玉串を奉奠。

 

1491897643595

地鎮祭の様子は、メディアも追っかけてくれています。

 

1491898183032

無事に滞り無く、地鎮祭も終わりました。

 

あいにくの天気ではありましたが、
この季節の雨は新緑の季節を迎える為に必要な雨です。

これから芽吹く緑にならい、
新しくできるビルもすくすくと成長していけるように、
これからも上星川での活動を続けて行きます。

【ある建築家の育休日記 最終日】

2017.04.11

最終日 4月10日 月曜日

今日で、慣らし保育も終わり。

ということで、私の育休も最終日となります。

育休を取るといっても、たったの6日間のみなので、
とても胸を張って、育休取ったぞと言えるようなものではありません。

妻は娘が産まれてから、約一年間。
仕事を休み、育児に時間を使ってくれていました。
なので、やはり一番に、妻に御礼が言いたい。
ふたりで子育てができることに、大きな幸せを感じます。

そして、ボスが育休でいなくなるという、
私たちのような小さな事務所だとちょっと考えられないようなことも、
しっかりとカバーをしてくれたスタッフたちにも、感謝します。
野球で言うと、監督兼4番でエースがいきなりいなくなったようなもの。
ただ、少しの期間だとしても、ボスがいなくても事務所がまわったという事実は、
少しずつ、組織としての基礎体力があがってきたかなとも思います。

 

さて、育休が終わったからといって、
それで育児が終わるような事では当然ありません。
むしろこれからが本番です。

妻と私は仕事。
娘は保育園。
いままでとは違う生活パターンに早く慣れていかなくてはいけないし、
これから起こるであろう、風邪とかロタとかノロなどの嵐。

いまから、少し、戦々恐々としています。

これからも、妻と話し合いながら、
ひとつひとつ乗り越えて行かなくては。

また、その様子は「ある建築家のこそだて日記」として、
不定期でブログに書こうかなと思っています。

 

最後に、保育園について少しだけ。

慣らし保育の最終日。
お迎えに行くと、そこにはとても楽しそうに遊んでいる娘の姿があった。
まだ、妻が預けに行く時は泣いているそうだけれど、
少なくとも、遊んで、食べて、寝て、と楽しそうに過ごしている。

いままでの、妻と私と娘の3人だけの世界から、
保育園という、大人もこどももまわりにたくさんいる世界に飛び出した娘。

たった、数日間だけだけど、
この数日間での成長はちょっと、驚くほどだった。

改めて、こどもは「社会」の中で育って行くのだと思った。
保育園って、すごいなと思った。

共働きの核家族というのは、
ホモサピエンスの子育てとしては、やはりいびつなのだと思う。

そして、そのいびつさを解消してくれる社会インフラはいまのところ保育園だ。

やはり、保育園はこれからも、拡充と充実はしていかなくてはいけないと思う。

そして、それと平行して、
こどもに優しい地域づくりを如何にして行けるか。
如何にこそだての選択肢を増やしていくか。
という課題に取り組んで行かなくてはいけない。

秋山立花はその一端を担って行こうと思っている。