ブログ

群発頭痛

2016.05.23

今週は大変申し訳ないのですが「痛い」話です。

19歳の頃に突如としてやってきたその痛みは、
いままでの人生で味わったことのない、理不尽な痛みでした。

失神しそうになるけれど、あまりの痛さに気を失えず、
混乱と困惑がないまぜになりながら、とりあえずうずくまったのを覚えています。

その時から、15年。

いまだに苦しめられているのが『群発頭痛』

その名の通り、ある一定の時期に集中して発作が起こるので、そう呼ばれています。

今のところ、原因は不明。

通称は『自殺頭痛』

あまりの痛みに悲観して、自ら命を絶つことがあるとかないとか。

頭痛は国民病とまで言われるほど、
頭痛を経験した方は多いと思いますが、
この群発頭痛を経験した人は少数だと思います。

主に、男性に多く、20代前半で発症し、
不思議なことに40歳頃を境に、症例が無くなるという。

なんで今回、こんな話を書いているかと言いますと、
現在、絶賛、群発期。

痛みの恐怖に震えつつ、この文章を書いています。

僕の群発期は1ヶ月半〜2ヶ月。

20代のころは1年に2回やってきましたが、
歳を重ねるごとにその間隔が徐々に伸びてきて、
今回は2年2ヶ月振りの発作です。

この痛みを正確に記述するのはなかなか難しいのですが、
簡単に言うと、目玉をスプーンでえぐりとられて、
肩に間断なく錐を打ち付けられている感じ、でしょうか。

心筋梗塞や尿路結石と同程度。
陣痛に匹敵する。

などなど言われているようで、
どれも経験したことないけれど、群発頭痛と同じくらい痛いのなら、
それはもう、本当に痛いんだろうなと思います。

昨今は良い薬も出ていて、
発作がきて、すぐ薬を使えば15分ほどで痛みは引いていきます。

ただ、4回に1回くらいの割合で、薬が効かない事があり、
そんなときは人知れず、心のなかで阿鼻叫喚。

で、結局何を言いたいのかと申しますと、
この世の中にはすくないけれども、
群発頭痛という大層やっかいな頭痛をもっている人間がいて、
もし、あなたのまわりにそんな人がいたのなら、
群発期にうずくまって、小一時間仕事の手が止まっていても、
暖かな目で見て欲しい。ということです。

本当に、洒落にならないほど痛いので。

課題

2016.05.17

娘が産まれて一ヶ月が経ちました。

里帰り出産のため、僕は毎日こどもに会うことはできませんが、
その変わり、実家のサポートが得られて、嫁の産後の負担は軽減できています。

初めての出産、初めての子育てで分からないことばかりですが、
嫁のがんばりと、実家の協力には本当に頭がさがります。

と、同時に、この一ヶ月を振り返ると、
「やはり、日本はこのままだとこどもは増えないな」
と思わずにはいられません。

日本には圧倒的に、産褥期のサポートが足りていない。

誰もが、何もわからないまま、子育てを開始します。

今回のように実家のサポートが得られれば幸運ですが、
そうでない場合は、安静にしていなくてはいけない産後の日々を
慣れない子育てで不安になりながら過ごさなくてはいけません。

もちろん、パートナーが家事をすべて担うことができれば良いですが、
仕事をしながらだと、難しいこともあるでしょう。

今回、退院後に2回、助産師さんに指導をお願いしましたが、これは本当によかった。

不安に思っていることをプロがしっかりと相談にのってくれるのはとても安心できます。

妊娠中だけではなく、産後のケアを行なっていかなくては、
とてもじゃないですが「こどもを産みやすい国」にはなりません。

娘が産まれて、実感したこの国の課題に対して、
今後、自分になにができるか、考えてみたいと思います。

ひとつ、耕してみよう

2016.05.10

ゴールデンウィークも開けました。
みなさん、どのようなお休みをお過ごしになられましたか?

秋山立花はこのお休みで、農園を借りてみました。

12936486_960680417340890_8409784598506241577_n

 

以前から農業を体験してみたいなと思っていたところ、
借りる事ができる農園の存在を知ったので、50㎡分、借りたのです。

さっそく、この休みに耕すことに。

 

13183091_952889251493840_825332014_n

 

完全な素人で、なんの知識もなく始めてしまったので、
とりあえず、有機肥料を加えつつ、耕してみました。

 

13161479_1095911433814024_324138537_o

 

見よう見まねで畝をつくってみたり。

 

13162555_952889241493841_1994864284_n

 

普段の運動不足のせいか、暑さのせいか。
この面積を人力で耕していくのはすごく大変なことだと学びました。

翌日から、身体のいたるところが筋肉痛です。

 

IMG_1829

 

休憩をはさみつつ、なんとか半日で全部を耕し終えました。

 

13187806_952889261493839_1624475113_n

 

なぜだかすごい、誇らしげな気持ちになりました。

 

そんなおり、通りかかった方が声をかけてくださいました。

「立派に耕していますねー」

得意満面な私たち。

「石灰は入れました?」

石灰??

私たちは知らなかったのです。
土中のpH値を気にしなくてはいけないなんて、知らなかった。

ということで、さっそく苦土石灰を購入して、
来週は石灰を混ぜていきます。

ゴールデンウィークに家を考える

2016.05.02

今年もきました。
ゴールデンウィーク。

みなさまどのようにお過ごしでしょうか?

みなさまのお休みが有意義なものとなるように祈念しております。

大型の連休となると、家族で過ごす時間も増え、
家づくりのことも話す機会が多くなります。

お正月、ゴールデンウィーク、お盆

この3つのお休みのあと、実際に家づくりのための行動を起こす方が多い。
という統計結果もあるそう。

これからの将来を考える意味でも、
家のことを考える時間を家族で持つというのも良い過ごし方ですね。

家づくりは家族全員にとって大切なことですので、
ぜひ、ご家族みんなでじっくりと話合いをする機会を設けてみてください。

家づくりで分からない事、気になる事がもしあれば、
秋山立花はいつでも、ご質問にお答えしております。

お気軽にご連絡をいただければ幸いです。

 

上星川訪問記 第五回

2016.04.25

みなさん、こんにちは。
秋山です。

久しぶりですが、上星川訪問記をおくらせていただきます。

これまでの上星川訪問記のまとめ

ちゃくちゃくと打ち合わせを重ねている上星川の商店街活性。
先週の火曜日は毎月恒例の定例会でした。

 

おいしいパン屋が欲しい!
からはじまって、1000名を超える街の人たちの期待が集まり、
パン屋を開業したいという方が仲間になって、
じゃあ、実際に建物を建てるとどうなるんだ?
という試算をするところまで話は進んできています。

IMG_1691

ここまでおよそ5ヶ月。

出来過ぎなスピードです。

 

IMG_1692

いつもまじめな話は30分でおわり、
その後はお酒を飲みつつわいわいがやがやしている毎回の打ち合わせですが、
話が具体的になってくればくるほど、
まじめな話の時間は長くなっていきます。

 

IMG_1689

新しいパン屋さんの建物が、パン屋さんだけではなく、
上星川のみなさんにどのように使われると楽しいか、
様々な意見がかわされます。
やっぱり、屋上は魅力的ですよね。広場にしたい。

議題は建物の使われ方から、
上星川で行われようとしている若い人たちの動き、
他の商店街の取り組みなどをみんなで意見交換。

真剣な打ち合わせは2時間続き、
次回はいよいよ、どんな建物がいいのかという話になっていきます。

そして、さらに真剣に、、、

IMG_1693

最後はやっぱり、ここに行き着きます。
からあげおいしかったな。

 

定例の翌日。
この日は、横浜国立大学の学生たちを迎えてのヒアリング。

今期、私が担当させていただく、大学の授業で、
この上星川の商店街活性をとりあげさせていただいています。

IMG_1698

学生たちに向かい、キャプテン天野さん、アニキ荒川さんから
プロジェクトの経緯を熱く語ってもらいます。

IMG_1696 のコピー

途中、街の人が訪れて、商品を購入。

IMG_1695

人がそこに集まっていると、新たに人が集まってくる。
という典型例をまざまざと見せつけられました。

お買い上げありがとうございました。

横浜国立大学の授業は来年2月まで。
長期休暇をのぞいて、毎週水曜日に上星川を真剣に
そして楽しく、考えていきます。

 

次回定例会では、いよいよ建築模型も出現予定。

上星川が動いていきます!