ブログ

年末年始

2017.12.28

本日を持ちまして、

秋山立花の年内の営業を終了させていただきます。

 

年末年始のお休みは

12月29日〜1月3日の6日間

 

1月4日から新年の始動を致します。

 

今年は皆様にとってどのような一年でしたでしょうか?

 

秋山立花は今年、京都にも拠点を設け、横浜と京都の2拠点体制となりました。

京都事務所にもスタッフを迎え、

代表の秋山を始め、

スタッフ3名、パート2名の体制でお仕事をさせていただいております。

 

来年も継続して、ひとつひとつのお仕事をより良いものとなるように、

一歩一歩前に進めていきたいと思います。

 

皆様の年末年始のお休みが明るく健やかなものとなりますように、

心から祈念致しております。

 

本年も一年、誠にありがとうございました。

都市計画

2017.12.27

日本都市計画学会の学会誌に寄稿させていただきました。

 

都市計画330号

 

担い手不足、超高齢化、ダブルケア時代。

地域包括ケアの話も含め、

こうした話題が街づくりの現場でも、研究の場でも不可欠になっています。

 

 

 

事務所に寄せられる仕事や相談の内容も、

医療や介護、そして子育てに関することが増えてきています。

街としても、建築としてもしっかりと向き合わなければならないこと。

 

秋山立花にできることをこれからもひとつひとつ積み上げていきたいと思います。

講演のお知らせ

2017.12.04

12月4日 月曜日

本日は神戸でお話をさせていただきます。

 

みなさんと良い時間を過ごせますように!

 

建築家 秋山の子育て日記 vol.7

2017.11.27

みなさん、こんにちは。

娘が可愛すぎて可愛すぎて、娘の手のひらの上でころころと転がされている秋山です。

身体の節々が擦れてまんまるになるくらい、転がされれば本望です。

 

さて、今回は「呼び方」について書こうと思います。

 

半年程前、私たちの娘も単語を口にするようになりました。

ご多分に漏れず、意味が通じるのは「ママ」と「パパ」から始まります。

今はじょじょに意味をなしていっているかな、という言葉が散見されてきています。

ネコのことをニャンニャンとか、犬のことをワンワンとか。

(実際は「にゃぁにゃ」とか「わぁわ」とかになってますが)

 

そんななか、半年前から駆使し始めた「ママ」はそれはもう、

表現のバリエーションも増え、力強さも増すばかりです。

 

なのに、「パパ」消えた。

 

いつの頃からか、「パパ」という単語を口にする事が極端になくなりました。

いや、言える事は言えるのです。言おうと思えば言えるんです。

言えるんですが、言わないんです。

なぜだろう??

 

そして、もっとなぜだろうと思うのが、

私のことを「ママ」と呼ぶのです。

 

もちろん、妻のことも「ママ」と呼びます。

 

必然的に「ママ」と呼ばれると妻も私も振り返ります。

ママ2人体制。

 

当初は「ママじゃないよ、パパだよ」

と言ってきかせていたのですが、

一向に「ママ」と呼ぶ事が多くなってしまったので、

もう、「ママ」でいいや。というのが今のところの心境です。

 

なぜ娘が私のことまでも「ママ」と呼ぶようになったかは、皆目検討がつきません。

しかし、そんななかでもなんとなく、

妻を呼ぶ「ママ」と私を呼ぶ「ママ」には、

表現に微妙な差異があるように感じてきました。

 

妻を呼ぶ時は屹然と「ママ」と発音します。

はっきりくっきり、クリアな「ママ」です。

 

私のときはどちらかというと「まぁうまぁ」といか「もぉあもぁ」というか。

なんというかふんわり言っているように感じます。

 

なんとなく。

もしかすると、気のせいかもしれませんが。

 

おそらく、娘の中では「ママ」の使い分けをしているのではないか。

同じ音でも、表現の際によって結果が違うことを楽しんでいるのではないか。

などなど推察するのですが、真相はもちろん、娘の胸の中。

 

ということで、今日も「ママ」と呼ばれて笑顔で振り向いています。

服装について

2017.11.24

服装について少し。

私はあまり自分が着るものに対して頓着しない。

というか、あまり興味がないというのが正直なところです。

そこにあるものを着る。

極端に言うと、寒くもなく暑くもなければそれでいいかな。

くらいの感覚を持っていました。

 

なので、毎朝、服を選ぶということがけっこう苦痛でした。

 

時間もかかるし、悩むし。

考えるのはとても好きだけれど、悩むことは極力さけていきたい。

 

ということで、もう悩むのをよそう!

 

と思い立ち、同じシャツ、同じジャケットを夏用、冬用と、

複数枚造っていただき、毎日それを着る事に。

 

 

おかげさまで、服で悩むことがなくなって、

とてもストレスが軽減されました。

 

何も悩むことなく、

クローゼットにかかっている同じシャツ、同じジャケットから、

毎朝1枚取出して着るだけ。

 

楽!!

 

圧倒的に楽だし、朝の準備が早くなります。

 

個人的にはとてもオススメなのですが、

「何を着ていくか考えるのが楽しいんじゃない!」

と言われると、ぐうの音もでません。