ブログ

保育園3

2010.06.28

併設された保育園では、
事務所の仲間のこどもたちだけではなく、
地域のこどもたちも受け入れたい。

少しでも地域に、人に貢献できるように。

事務所に併設されることを最大限に生かして、
こどもたちが安心して遊び、学び、
その好奇心をいかんなく発揮できる空間を設計しなくてはならない。

建築の模型をつくって遊んだり、
いろいろな空間や自然にふれることができるような、
秋山立花から提供できるプログラムをくむのも良い。

また、親御さんたちにとっても憩いの場となることが重要だ。
仕事帰りにほっと一息つけたり、
育児の相談を受ける事ができたり、
親御さん同士や育児経験のある地域の方々と積極的に情報交換ができるようにして、
その保育園が地域の育児の核となるようにすべきだろう。

僕はこの「事務所に保育園併設計画」を
今後4年の間で実現できるように頑張ろうと思う。

多くのクリアしなくてはならない問題があるけれど、
秋山立花の目標のひとつとして、掲げることにする。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。