ブログ

また穏やかな春を迎えるために

2011.03.14

今、外では太陽の光が優しくふりそそぎ、
春の穏やかな陽気に包まれています。
何もなければ、気持ちの良い一日で終われたことでしょう。

3月11日に起こった震災について、
言及しようかどうか悩んだのですが、
やはり、触れないわけにはいかないだろうと思い、
キーボードを叩いています。

すでに多くの悲劇的な言葉が語られていますが、
これから判明するであろう被害、
そして復旧への困難な歩みを考えると、
そのあまりの大きさに呆然としてしまいます。

被災地の方々のことを思うと、
いま、なにもしてあげられない自分が、
とても歯痒く、また悔しくもあります。

こんな時に自分がなにをできるのか。
考えるまでもなく、
それはやれることをしっかりとやること以外にないのです。

週末から友人、仲間に声をかけて、
義援金を募ることを計画しています。
もちろん秋山立花からも、僕個人からも義援金をだします。

わずかかもしれませんが、
僕らの思いや願いをこめて、
被災地の受け入れ態勢が整い次第、送金したいと思います。

このような状況下だからこそ、
ひとりひとりがお互いに思いやりと心づかいをしながら、
冷静に、そして忍耐強くならなくてはなりません。

今後も被災地の状況を注視しながら、
僕にできることをしっかりとやる、
そして友人や仲間とともにできることをしっかりとやる。
ということを肝に銘じて日々を過ごします。

最後に、お亡くなりになった方々のご冥福を心よりお祈り申し上げます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。