ブログ

富士十字プロジェクト@亘理町2

2012.03.05

いつものことながら、
0泊2日で宮城県亘理郡亘理町に行ってきました。
震災復興支援「富士十字プロジェクト」です。

いま、富士十字プロジェクト@亘理町は、
亘理町の旨い農水産をどうやって、都心にアピールしていくか?
ということを現地の方々の団体「亘理AKB」さんと一緒に考えています。
(しつこいようですが、某アイドルグループとは一切関係ございません)

まったく建築とは異なる分野なのですが、
生きるための根幹である「食」に関わることなので、
同じく生きるための根幹である「住」に携わる人間としては、
勝手に親近感と問題意識をもって、取り組んでいます。

今回の打合せでは、
亘理町でやる気と実力のある農家さんのお話を聴けて、
なおかつ、いろいろと農産物をご馳走になり、
おいしい思いをして参りました。

亘理町は「はらこ飯」に代表される、水産が有名ですが、
りんごやいちごなど「農」もすごい実力派です。

とりたてのいちごを食べさせてもらったんですが、
甘さといい、酸味といい、色艶といい、
いままで食べていたいちごは何だったのかと思うほどです。

ぷりぷりのいちごの表面に歯をたてた瞬間に、
豊かな甘みとさわやかな酸味をもつ果汁がじわっと、
口の中に流れ込んできます。

ご馳走されたので、
調子にのって、ひとりで2パック近く食べてました。

120304_133118

水産業に携わっている方々と同様に、
農業に携わっている方々も今回の震災で大きなダメージを受けました。
根本となる農地が浸水してしまった農家さんが多く、
再建への道はまだまだ長いです。

鳥の海にあった「わたり鳥の海温泉」には、
そんな亘理町の物産を集めた「ふれあい市場」があったのですが、
ここも津波で壊滅してしまいました。

いまは、なんとか出荷できる方々が、
仮設の「荒浜ふれあい市場」で農水産を販売しています。

120304_140834

120304_135429

120304_132123

富士十字プロジェクトでは今後、
亘理AKBさん、ふれあい市場さんと協力をして、
亘理町のおいしい食材、食品を、
気軽にみなさんに購入していただけるようにしていきます。

亘理町に来て思うのは、本当に農産も水産もおいしいということです。

震災の復興ということだけではなく、将来の亘理町のために、
「亘理町」=「旨いものの宝庫」というイメージを
みなさんに持ってもらって、
亘理町の農業、水産業に光をあてて行きたいと思います。

岩手県大槌町の今

2012.01.30

先週末は岩手県大槌町に行ってきました。
僕にとっては約半年ぶりの大槌町です。

富士十字プロジェクトで関わり続けている宮城県亘理町もそうですが、
現地に行ってきた者として、
やはり現状をみなさんにお伝えするということも、
必要なことだと思うので、ブログにしたためます。

今回の訪問は「大槌町に仮設の銭湯をつくろう」
という計画のもと、伺いました。
昨年の5月から現地の方々と何度も計画をしていたのですが、
その度に、様々な壁にぶつかって、頓挫してきた計画です。

「今頃、仮設の銭湯??」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、市街地のほぼすべてを津波によって流され、
町民の多くの方々が、慣れない仮設住居に暮らしています。
「たまには足を伸ばしてゆっくりとお風呂につかりたい」
「散り散りの仮設住居に入居した友人たちとの憩いの場が欲しい」
という要望はとても高いと感じます。

また、毎日ボランティアで活動している方々は、
日々の入浴が非常に困難で、シャワーを浴びることさえ難儀することもあります。
(拠点となっている遠野では凍結のためシャワーが出なくなるそうです)
そうした方々の癒しの場としても、銭湯は大きな力を発揮します。

今回の訪問によって、
この計画は確実に一歩前進することができました。
もちろん、僕の力は微々たるものです。
現地の方々、ボランティアの方々の力があっての前進です。

今後も、この計画を実現するために、みなさんと一緒に頑張っていきます。

今回の訪問はこんな風景から始まりました。
気温が低いため、川や海の水面から、水蒸気がたちあがります。

7

 

現在の大槌町市街地の光景です。
瓦礫が一カ所にまとめられて、住宅や商店の基礎だけがいまも残っています。

3_20120130232958 8 1_20120130232958

5_20120130232957 4_20120130232958 6_20120130232957

3月11のあの日、あの時間から一年が経とうしていますが、
大槌町も亘理町も津波にさらわれたままなのです。
震災はまだ終わっていません。

もし、可能であれば、
みなさんも是非、被災地に足を運んでもらいたい。
そして、そこにある現実を見てもらいたい。
そこから何を感じ取るかそこからどんな行動につなげるか、
それは人それぞれですし、それで良いと思います。
ただ「そこで何がおこったのか」ということを
その人自身の目で見て、考えてもらいたい。
僕はそう思います。

もし、
「行きたいけれど、どうしたら良いかわからない」
「何かしたいけれど、何をすればいいのかわからない」
という方がいましたら、秋山立花まで連絡をください。
一緒に行きましょう。

富士十字プロジェクト@亘理町

2011.11.07

11月5日に宮城県亘理町を富士十字プロジェクトで訪れました。
今回のブログはその時の写真を中心にお送りします。

亘理町を初めて訪れたのが8月。
それから連絡をとりあい、現地で打合せを重ねながら、
何ができるかを考えてきました。

津波で甚大な被害を受けた荒浜地区では、
有志の方々が集まって「AKB」という団体を立ち上げました。

Aは荒浜(Arahama)
Kはカモメ(Kamome)
Bはブラザーズ(Brothers)

の頭文字です。
これから「AKB」のみなさんを中心に、この荒浜地区を盛り上げていきます。
僕たち「富士十字」はそのお手伝いをしていくことになります。

DSCN4682_convert_20111107202157
沿岸部の瓦礫集積場を地元の方と視察

DSCN4692_convert_20111107202253
このメンバーで行きました。
「はらこ飯」はこの武蔵商店さんでお取り寄せできます。
直接お電話してみてください。
レシピは「はらこめし レシピ」でネット検索すると色々出てきます。
各家庭で味の違うはらこめし。自分なりのアレンジを試してみてください。

IMG_1284_convert_20111107202957
亘理町荒浜名物「はらこ飯」

DSCN4691_convert_20111107210341
同じく「あら汁」

IMG_1285_convert_20111107203012
とりたての新鮮な魚たち。すごいおいしかったです。

111105_111453_convert_20111107203108
海辺でいただきます。

午後からは「野球」「工作」「物資」の3チームに別れて、
それぞれ行動しました。

IMG_1294_convert_20111107202348
野球場での開会式

IMG_1292_convert_20111107202331
支援物資の野球道具を届けました。

R0013303_convert_20111107202428
臼杵監督熱血指導中

IMG_1305_convert_20111107202407
女の子たちは工作に熱中していました。

そして、最後は「AKB」と「富士十字」で親睦会。
時間が経つのが本当に早く感じるほど、みんなで楽しく交流を深めました。

DSCN4707_convert_20111107202233
これからの打合せもかねた親睦会の様子

今回、僕らができたことは、本当に小さな一歩でしかありません。
ただ、重要なことはこのような交流を重ねて行くことで、
町おこしへの意欲と発想をともに生んでいくことだと思います。

これからも定期的に「富士十字」は亘理町で様々な活動をしていきます。
その主人公は「AKB」のみなさんであり、
荒浜地区に住んでいるみなさんです。

住民主導の町おこしをこれからもサポートしていきたいと思います。

富士十字プロジェクト はらこめし篇

2011.10.10

81年会による被災地支援「富士十字プロジェクト」の続報です。

来る11月5日に宮城県亘理町に81年会が乗り込みます。
今回の目的は大きく3つ。

1、亘理町漁業への支援
亘理町名産の「はらこめし」を食べに行きます。
現地の名産を現地でいただく。まずは少しでも被災地にお金が落ちるようにします。
12月中旬まで楽しめるので、
現地の方と協力して「お取り寄せ」ができるように整備できれば良いなと考えています。

2、野球で笑顔を届けよう
被災地では野球道具が流されてしまって、野球ができない人たちがいます。
そこで、野球道具を持って行って、現地の方と交流試合をします。
野球に限らず、スポーツで体を動かすのは気持ちの良いものです。
良い気分転換になってくれればいいなと思っています。

3、経営支援の打合せ
富士十字プロジェクトの「芯」は被災地の同世代経営者を支援することです。
経営の支援、雇用の問題、これからできることがたくさんあります。
僕らはこの問題に対して、日頃から培っている知識と知恵で向かって行きたいと思います。

この他にも、81年会のメンバーから、
仕事道具が流されてしまった職人さんのために、
中古の道具を送ってもらえるよう、建設業の方々に呼びかけたり、
灯油の消費量を減らすために「燃料活性触媒」を提供したりなど、
みんなの力でできる範囲の支援をしようという声が上がってきています。

まずは現地との下打合せのために、10月中旬に亘理町を訪問します。
その時の打合せの内容も反映させながら、11月5日を実りあるものとします。

ということで、アラウンド81年生まれのみなさん!
自分もぜひ参加したいという方は、秋山立花までご一報ください!
特に、野球経験者のかた大歓迎です!

富士十字プロジェクト打合せ@仙台 その2

2011.08.23

夕方から仙台に戻り、
モーツァルトアトリエにて打合せ。

引き続き F 君と、七ヶ浜から N 君が合流してくれた。
N 君も最近、起業したばかり。

打合せは本当に楽しかった。
やはり、好きな物、事に関しては人は饒舌になるし、
言葉に熱がこもる。

そういう『熱』を感じる事ができるのは、
僕にとっても非常に刺激になる。

R0013167_convert_20110822110744

それぞれに、異なる状況。
それぞれに、異なる思い。
それはもちろんあると思う。

ただ、自分で働いて飯を食って行かなきゃならないのはみんな同じ。
自分の意志で起業を決意して事業を立ち上げたのもみんな同じ。

富士十字プロジェクトを通して、
地域を問わず、
同世代の力を合わせられる状況を作っていきたい。

それが、震災の復興にも繋がるし、
お互いの仕事にも繋がっていく。

良い位置に種はまかれた。
あとは、これをみんなでどうやって育てていくか。

まずは、F 君、 N 君への支援を通して、
富士十字プロジェクトの方向性を示して行きたい。

2 / 41234