ブログ

富士十字プロジェクト打合せ@仙台 その1

2011.08.22

先週の19日は、本当に良い出会いに恵まれた1日だった。

富士十字プロジェクトのプレゼンと、
現地の同年代経営者と意見交換をするために、
朝6時台の新幹線で仙台へと向かった。

仙台駅では、
今回の震災を機に、東京で勤めていた会社を退社して、
地元・亘理町で起業をしたという、
心意気溢れる F 君が待っていてくれていた。

その F 君の紹介で、
仙台のNPO法人 生活習慣改善センターの冨澤さん
亘理町長議会議員 島田さん
F 君のご親族の方を含め、亘理町の方々
にお会いできた。

まずは真剣に僕たちの話を聴いていただけたことに、
深く感謝をしたい。

みなさんが、
富士十字プロジェクトに可能性を見いだしてくれて、
惜しみないご協力を約束してくれたことが嬉しかった。

亘理町は被災地の中でも瓦礫の撤去が進んでいる。
これだけの瓦礫を生み出した今回の震災の大きさに、
改めて、自然の恐ろしさを思う。

R0013159_convert_20110822235051

R0013161_convert_20110822235024

波に飲まれながらも、
その場で持ちこたえていた浪切地蔵尊にて、
今回ご同行してただいた僧侶の宮田さんに読経をしていただく。

R0013153_convert_20110822111307

震災前はあったはずの上屋は、見る影もなかったけれど、
こうしてお地蔵様が無事であったことは、
亘理町の方々にとっても嬉しい事だったと思う。

宮田さんには行く先々で、
富士十字プロジェクトの一環である『ポケット仏壇』の
ご説明もしていただいた。

『ポケット仏壇』は
仮設住宅の限られたスペースでも、
場所をとることなく置く事ができる手帳タイプの仏壇だ。

簡易的なものではあるけれど、
少しでも心の拠り所となってもらえたらと思う。

亘理町では「はらこ飯」の話で盛り上がった。
10月から漁が解禁になる鮭を使った、郷土料理である。
各家庭でそれぞれ味が違うらしく、
「どこのはらこ飯が一番おいしいですか?」と訪ねると、
「うちのはらこ飯が一番だな」という答えが必ず帰ってくるらしい。

僕は一度も食べた事がないので、
味は想像するしかないのだけれど、
話を聴いているうちに、本当に食べたくなってくる。

ということで、
10月になったら81年会で亘理町を訪れようと思う。
みんなで、腹一杯にはらこ飯を食べるのだ。
もちろん、ちゃんと代金をお支払いする事で、
漁業への支援にも一役買える。

嬉しそうに、我が家のはらこ飯を自慢するみなさんのことを思い出すと、
今にも、お腹が減ってくるから困ったものだ。
10月に訪れるのが今から待ち遠しい。

 

富士十字プロジェクト始動

2011.08.15

いよいよ、富士十字プロジェクトが本格始動します。

富士十字プロジェクトは、
81年生まれの経営者が集まる81年会から生まれた、
『81年生まれによる社会貢献活動』です。

(81年会について→『81』『種まき』

今回の震災を受け、
富士十字プロジェクトでも何ができるのかを考えてきました。

81年会のみんなは、
僕も含めてまだまだ独立したてで小さな力しかもっていません。
全員が「まずは自分の事業をしっかりやらなくては」という状態だと思います。
それでも、持てる力を少しずつ集めれば、
一人ではできないことが、できるようになります。

今回、富士十字プロジェクトでは、
『被災地で頑張る同世代を応援したい』ということで、
以下の4つの支援策を実行します。

『1、事業再開、事業開始のための資金の支援』
震災からの復興には、それぞれの仕事や事業の復興がかかせません。
同世代の経営者や、これから独立しようと行動している現地の人に、
わずかばかりではありますが、資金を支援します。
支援の原資は富士十字プロジェクトで集めた募金です。
募金されたお金は『全額』が現地の支援に回ります。

『2、事業再開、事業開始のためのアドバイス』
81年会には様々な業種の人間がいます。
そこで、事業の再開や開始に関してのノウハウを伝えます。
短期・長期での業務の提携なども視野にいれながら、
現地の同世代をバックアップしていきます。

『3、ポケット仏壇』
仏壇が流されてしまった方が多いと聴きます。
新しい仏壇を購入するにしても、
限られた広さしかない仮設住宅では、仏壇の置き場に困ります。
そこで、手帳型の簡易仏壇を希望者にお渡しします。
メーカーさんのご好意と富士十字の募金を使って、
無償でお渡しすることができます。

『4、野球』
これは多分に僕の趣味が反映されているのですが、
今回の津波で野球道具がながされてしまい、
野球をしたくてもできない同世代の人たちに、
野球道具を届けて、そして試合をする。
仕事もそうですが、スポーツを通じても現地と繋がって行きたいと思います。

復興支援は、これからが大事です。
ボランティアや支援の数が、
これから減少していくだろうことは容易に想像できます。
しかし、本当に必要なのは支援が「継続」されていくことです。
そして、支援を継続させるためには、現地との「繋がり」がかかせません。

81年会の目指すところは、
東北でも同様の同世代の集まりができ、
震災支援に限らず、僕らと交流し合い、刺激し合えることです。

そこで、今週の金曜日19日。
仙台にて『81年会in仙台打合せ』を行います。
東北で頑張っている同世代の人たちと、
支援も含めて、意見交換をしてきます。

この小さな動きが、やがて大きく花開くことを願って!

富士十字プロジェクト

2011.06.13

大槌町ではいま、仮設住宅の建設が進んでいる。
計画では2000戸を建設するそうだ。
先週にはすでに完成している800戸について抽選が行われた。

この仮設住宅については、
抽選の決定方法が公表されておらず、不明瞭であることや、
当選者が避難所を離れず、入居をしないこと。
地域ごとの入居ではないため、親しい隣人と離ればなれになることや、
仮設住宅ごとに居住環境に差が大きいことなど、
すでに様々な問題が出ている。

とはいえ、7月には残りの1200戸が竣工するのであり、
全町民が仮設住宅に入居できる環境は、形の上だけでは整うことになる。

これは一つの大きな転換点だ。

「避難所」から「仮設住宅」に移るということは、
生活の多くの部分を支援や支給でまかなう事ができる状態から、
ある程度の自活を求められると言うことだ。

これは復興へ向かう一歩として、喜ばしいことではある。

しかし、大槌町は町の中心地が壊滅し、
また産業の柱でもあった漁業も再開の見込みが立っていない。
これが意味するところは、
自立した生活をして行くための仕事も無く、
日々の生活のための食料を買う場所も無いということである。

そのような状態で果たして、自活することができるだろうか。

その点をふまえて、
秋山立花は富士十字プロジェクトを通じ、
仕事と雇用に焦点を当てて、被災地の支援をして行きたい。

具体的な支援は現在のところ以下の3点だ。

『富士十字ファンド』

1、被災された、同年代の経営者、またはこれから独立起業する人に対して支援金を寄付する。
2、支援金は81年会、及び趣旨に賛同していただいた方から、1口1万円で集める。
3、集まった支援金は全額を支援にまわす。
4、支援先は、事業計画を提出していただき、面接の上決定する。
5、必要とあれば、81年会のメンバーが、経営の相談やサポートをする。

『雇用の創出』

パターン1、81年会のメンバー間で、被災地の方を共同で雇用できないか模索する。
パターン2、81年会のメンバーの中で共同して被災地に事業所を作り、
被災者を雇用できないか模索する。

『大槌町で野球をしよう』

避難所や仮設住宅生活が続くと精神的に疲れてしまう。
たまには思いっきり体を動かすことが重要だ。
野球道具を集めて大槌町へ行き、子供への野球教室と草野球の試合をする。
グラウンドは現在、自衛隊が駐屯しているので、開催時期は未定。

もちろん、81年会に来ている面々の中には
何百万、何千万という寄付金をだせる人はいない。
これらの支援策の効果も、本当に微々たるものだろう。

ただ、だからといって座しているわけにもいかない。
それぞれが協力することによって、
少しでも被災地の力になれるように頑張っていきたい。

富士十字プロジェクトは、
まさにこれから必要とされる支援だと感じている。
新しい動きがあれば、逐次、報告していきたい。

6月5日の大槌町

2011.06.07

「6月5日」

5時に起床。
この季節にしては空気が肌寒く、清涼感があるなと感じたが、
それもそのはずで、ここは横浜ではなく岩手なのだ。
方々で鳥の鳴き声がする中、伝承館の近くに流れる沢で顔を洗う。
冷たくて、新鮮な水だ。

6時に安渡小学校に到着し、そのまま朝食の準備。
メニューはシチューとクロワッサン。
クロワッサンはやはり自衛隊が配給してくれたものだ。

前日に下ごしらえを終えていたので、鍋に火を掛けるだけで準備は終わる。
7時から炊き出しを始め、8時には終了。

ここで、避難所の朝の様子について触れたい。

避難所では朝食が終わると、
避難所の対策本部、各部屋の代表者、警察官、医療班が校庭に集まり、
朝礼が行われる。
全体の流れは下記のようなもので、おそらく毎日のことなのだろうと推察する。

1、対策本部の代表者から、その日に予定されている行事などについて報告。
2、警察官から前日の行方不明者捜索の捜査結果の公表。
3、医療班から健康管理などに関する注意事項。
4、ラジオ体操第一。

震災後、どのくらいの時期からこのような朝礼が行われ始めたのかは分からないが、
町の多くが壊滅するという極限状態で、
また、240名を超える避難者がいるという状態で、
ここまで秩序立てることができているということに驚く。
もちろん、外側から見ているだけなので実情までは分からないが。

11時から予定されている商工会の方々との打合せを前に、小槌神社に立ち寄る。

110605_104247_convert_20110607181458

小槌神社は海岸からも近い位置にあるが、
幸いにして津波は鳥居の前で止まり、被害はなかった。
当日は山火事も発生し、四方を炎で包まれるが、
社殿に飛び火することは無かったという。

毎年、祭りの時に担がれる神輿を拝見させていただいた。
例年通りとはいかないまでも、
必ず祭りを行いたいと思うという話を宮司さんより伺い、
大槌町における祭りの重要性を垣間見ることができた。

110605_103914_convert_20110607181442

祭りは地域に根付く文化の最たるものだ。
現存する昔の神輿も見せていただいたが、この神輿が造られたのは元禄年間。
今から400年以上前の江戸時代、徳川第五代の治世である。
遠い過去から連綿と受け継がれてきたこの地の祭り。
是非、今年も行われてほしい。そして、この目で見てみたい。

110605_104218_convert_20110606082305

この日の一番の目的である、商工会のみなさんへのプレゼン。
81年会が進める「富士十字プロジェクト」を説明させていただいた。

「富士十字プロジェクト」は以下の4つの支援案からなる。

1、富士十字ファンド
2、81年会による共同雇用支援対策
3、大槌町で野球をしよう
4、ポケット仏壇
(それぞれの詳しい内容は次回のブログにゆずることにする)

結果としては非常に好印象で打合せを終える事ができた。

被災地では震災の直後から、
様々な企業、コンサルタントなどから復興案なるものを
それこそうんざりするくらいの数を見せられている。
しかもその多くが、現実的な観点からだいぶ離れた自己満足的な案だ。
いかにももっともそうな数字が書かれているが、大槌町の現実は勘案されていない。
おそらく、市町村名だけ変えて、
同じ内容のものをいたるところで使い回しているのだろう。
当然の帰結として、商工会の方々も警戒が強くなる。

そんな中で富士十字プロジェクトが笑顔を持って受け入れられ、
話に華が開いたことは、とても嬉しかった。
微力ではあるが、確実に現地のニーズに合致していることを確認できた。

この商工会へのプレゼンをもって、今回の岩手県大槌町の訪問は終わる。
行きと同様、2時間半をかけて新花巻駅まで向い、
そこから3時間半、新幹線に閉じ込められる。

今回の経験から感じた事、思った事。
そして富士十字プロジェクトの内容。
この2点は次回のブログで記させていただこうと思う。

続く

6月4日の大槌町

2011.06.06

岩手県大槌町から戻ってきました。
今回は僕の感じた大槌町の今をお伝えしたいと思います。
少々長くなりますが、2回に分けて記します。
おつきあいいただければ幸いです。

「大槌町」

岩手県大槌町は人口1万5千人ほど。
産業は漁業。大槌湾に面し、周辺は山に囲まれている。
主要な公的機関や商店、多くの住宅が、大槌湾に面した平地に集中しており、
その結果、津波による被害が甚大となってしまった。

町長以下、多くの町役場職員も犠牲となり、行政機能が麻痺。
盛岡などの県中心市街部から遠く離れていることも災いして、
しばらく孤立したような状況が続いた。

ニュース等では、
民宿の屋上に観光船「はまゆり」が乗り上げた映像が流され、
あるいはその映像によって、大槌町のことを知った方が多いのではないだろうか。

震災から3ヶ月が経とうとしている現在でも、
多くの方が避難所生活を余儀なくされている。

「6月4日」

始発の新幹線に乗り込み、新花巻駅へと向かう。
今回の被災地訪問の目的は、
炊き出しの手伝いと商工会の方々に富士十字プロジェクトの説明をすることだ。
思えば、仙台以北を訪れるのはこれが初めてである。

東京駅から新花巻駅までは3時間半以上。
新花巻から大槌町へは、さらに車で2時間半。
合計の移動時間はゆうに6時間を超える。

山間部では住宅がまばらに建つ。
その風景はのどかな週末そのもので、傍目からは震災を思わせるような要素がない。

森を抜けると、前方の視界に海が入りだす。
それを合図に、瓦礫、ひしゃげたガードレール、
奇妙な格好で横たわる車、倒れた電柱が沿道に散乱し始める。

完全に視界が開けると、
そこにはかつて「町」と呼ばれていた「何もない場所」が現れた。

110604_153031_convert_20110606082144

ここ数週間の間で瓦礫の撤去がずいぶんと進んだらしい。
道路はところどころでアスファルトがはがされていたが、
通行止めとなっているところは少ない。

110604_151050_convert_20110606082103

大槌町は中心部が波にさらわれたため、残っている建物は皆無に近い。
建物の3階部分まで波が来たので、ほとんどの建物は全壊した。
皮肉な事だが、そのせいで撤去作業がしやすいらしい。
となりの釜石市などは1階の床上浸水でとどまった建物が多く、
撤去に手間取っているようだ。

110604_153113_convert_20110606082230

避難所となっている安渡小学校に到着したのが午後の1時過ぎ。
すぐに夕飯の炊き出しの準備にとりかかる。

家庭科教室だった部屋を利用して大鍋にカレーをつくる。
メニューはカレーとサラダ。そして、崎陽軒のシュウマイ。
夕食の時間は4時半からだそうだ。

下ごしらえが早く終わったので、1時間ほど町を歩く。

ところどころで、水が溢れている。
これは排水、下水処理の能力が復旧していないことと、
地震によって地盤が下がり、海抜0m地帯が増えたことによる。
大潮の時などは、町のかなりの面積が水没するらしい。

110604_153050_convert_20110606082206

4時45分から炊き出しを開始。
ご飯は自衛隊が配給してくれる。
1時間も経たないうちに240食分の炊き出しを終了。

その後、本日の宿泊先である「伝承館」に向かう。

110605_054145_convert_20110606084735

伝承館は民間で運営されている避難所だ。
正式名称を「臼沢鹿子踊り保存会館伝承館」という。
古くから伝わる臼沢鹿子踊りの伝承のために、寄付金とうで整備されたそうだ。
伝統を守り伝えようとする、大槌の方々の心意気に感動する。

伝承館の外ではブルーシートで覆われた仮設の小屋があり、
そこで、お酒を片手に大槌の方々と交流をする。

これから大槌をどうやって復興させていくか、
という話が盛り上がり、貴重なお話をお伺いすることができた。

話は尽きず、深夜1時まで交流は続いた。

被災地の復興やまちづくりはあくまでも、現地の方々が主役でなくてはならない。
その土地に住み、
苦しい事、悲しい事、そして嬉しい事、楽しい事を体験してきた人でなくては、
思いのこもったまちづくりはできないと思う。

僕のような「外もの」ができることは、現地の方々が求めた時に、
適切な支援や助言をすることができるように準備をしておくこと以外にない。

現地の方々の熱意、意気込み。
それが原動力であり、始まりである。

熱のこもった議論に、復興への希望が見えるきがした。
そして、どんな形かは分からないが、
建築家として、そのお手伝いをしたいと心から思った。

続く

3 / 41234