ブログ

群馬県の取り組み

2018.05.21

群馬県が進めている、

県営団地をシングルマザー向けのシェアハウスへとリノベーションする計画。

 

 

報道でも取り上げていただいて、

その取り組みは多くの方々に注目をしていただいています。

 

 

先週の木曜日はその第一回の検討ワーキンググループにお招きいただいて、

シングルマザーシェアハウスの実例とともに、

どのようなものが望まれているのか、何が必要なのか。

ということを群馬県、前橋市の職員の方々と意見交換をしてきました。

 

重要なことは、

この場所が自立に向けたステップアップの場所となること。

お母さんにとっても、こどもたちにとっても、

ここでの暮らしが精神的にも物質的にも豊かなものになること。

そして、ここを卒業した後でも継続して支えることができること。

 

行政がこのような動きをするのは、

もちろん、全国で初めての取り組みです。

 

今後も、応援していきたいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。