ブログ

2013.02.25

先週末に無事「港北の家」のお引き渡しを終えることができました。
建築設計監理契約をかわさせて頂いてからおよそ1年弱。
お施主様のことを思いながら、アイディアを出すために頭をひねり、
多くのスケッチ描き、分厚い図面を仕上げ、
毎週毎週、現場に足を運んでようやく完成した新しい家。

大きな労力と多大な時間を必要とする分、
ひとつひとつの物件を産み育てるのはとても楽しく、
また愛着のあるものとなります。

秋山立花が設計監理をした建築は、
そのすべてが秋山立花の「娘」のようなもの。
お引き渡しは「娘」とお施主さまの「結婚」です。

どこに出しても恥ずかしくないように育て上げた「娘」が
これからのお施主さまの人生の支えとなり、活力となり、
幸福な「結婚生活」が続くことを心の底から祈ります。

後日「港北の家」の竣工写真をホームページで、
ご紹介させていただきます。
秋山立花はこれからも多くの「幸せな娘たち」を
この世界に産み出していけるように日々頑張ってまいります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。