ブログ

平成25年を振り返る

2013.12.30

今年も残すところあと二日になりました。
月並みながら今年を振り返ってみたいと思います。

今年は秋山立花を設立して丸5年を迎え、
各方面で様々な動きが芽生え始めた年になりました。

年始に掲げたテーマは「育てる」でしたが、
どちらかというと「耕す」といった方が正しいなと感じています。
いま進めていること、これから進めたいもの、
それらが順調に成長するための土壌作りをやっていた年だなと。

その筆頭がやはり、
年始に開設したシェアオフィス「cosmos」です。

4年半いた戸塚の事務所から、
横浜の中心地、関内へのお引越。
しかも、自ら改修をし、自らが運営するシェアオフィスに。
秋山立花にとっては大変大きな変化でした。

しかしこの変化がまさに、
今年の一年を決定付けるものとなったと思います。

cosmosの存在のおかげで、
より多くの出会いと、より多くの機会に恵まれました。
そして、そのことが秋山立花が掲げる理念
社会と人生に新しい選択肢を提案する
ということを強く前進させるきっかけとなりました。

建築設計事務所のあるべき姿として、
秋山立花が目指す建築家像に着実に歩を進めるために、
cosmosがまさに、良い土壌となってくれています。

ペアレンティングホームは、
高津が満室になり、
二子がオープンし、
新たな2物件も計画がスタートしました。

川崎ウェディングは
来年行われる「しんゆりウェディング」に向けて、
準備を進めることができています。

パターンオーダーリノベーションという、
賃貸住宅へのリノベーションも実現しました。
これはより体系立てて、推進したいと思っています。

初めて、お墓の計画にも携わることができ、
新しい展開を産み出す下地をつくることができました。

この他にも、家具や子育て、建築の分野で、
来年スタートするプロジェクトの準備を整えることができました。

もちろん建築の設計監理でも、
竣工した家、
建設中の家、
見積中の家、
設計中の家、
提案中の家、
多くの住宅の設計にも関わらせていただきました。

今年耕した土壌から、来年はどんな花を咲かせることができるか。
来年がとても楽しみです。
そして、年の終わりに来年が来ることを楽しみにすることができるということは、
それだけよい一年を過ごすことができたということだと思います。

今年一年、秋山立花をもりたてていただいたみなさま。
まことに、まことにありがとうございました。
来年もよろしくお願い致します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。