ブログ

こどもたちの熱量

2014.03.17

今日は放課後NPOアフタースクールさんのプログラムの一環で、
こどもたちと「建築」を楽しんできました。

場所は東高円寺にある新渡戸文化アフタースクール

ペアレンティングホームプロジェクトを推進している者として、
こどもたちへの学びの提供というのはとても関心の高い分野です。

今回は「未来の自分の家」という題で、
こどもたちと一緒に考えながら、
模型をつくっていくプログラムを実施しました。

事前にプログラムを考えて、
いくつかツールも用意して、
しっかりと全体の流れを想定して、
準備万端で望んだのですが、
こどもたちの行動はいつでも予測不可能。
あっさりとこちらの予想の斜め上をいきます。

想定していた流れからは気持ちよく外れていきますが、
僕もその外れていく様を見ていてとても楽しかった。

自分たちの興味や関心のあることを見つけると、
夢中になって手も頭も動かしていく。
そこにあるものを自分たちなりに解釈して、
物語をつけて活用していく。

こうした想像力や自分で開発していく力は、
本当に見ていて楽しい。

なので、
こちらで事前に用意した「流れ」を守ろうとするのではなくて、
こどもたちが自分たちでつくっていく「流れ」にのっかって、
その場その場でプログラムを柔軟に変えました。

終わりの時間がきても、
手をとめないでずっと夢中になっていたこどもたちを見て、
あぁ、これはとても良いなと。

90分というわずかな時間でしたが、
僕の専門である「建築」をこどもたちと一緒になって、楽しむ。
こどもたちに「建築」の楽しさを知ってもらう。
ということが存分にできた、有意義な時間でした。

これからも秋山立花として、
こどもたちへの建築プログラムに関わり続けたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。