ブログ

講演のお知らせ

2013.03.25

いつのまにか、桜の花びらが満開になって、
いつもよりも早い春の到来に、
なんとなく気もそぞろになってしまいますね。

去年は逆に開花が遅く、
この時期はまだまだ寒かったと記憶しています。
毎年行っている、靖国神社の夜桜能も、
三分咲きくらいだったはず。
それが今年はどうやら葉桜になりそうです。

葉桜どころか、もしかすると花はなく、
新緑の桜のしたでの夜桜能になるかもしれませんね。

さて、ちょこっと講演のお知らせです。

【講演のお知らせ】
4月5日の18時30分より、
大阪でペアレンティングホームについて講演させて頂きます。
大阪です!
場所はクリエイターズシェアオフィス『Facto』

ペアレンティングホームをはじめ、
秋山立花の活動も日本全国津々浦々、広めていきたいですね。

2013.02.25

先週末に無事「港北の家」のお引き渡しを終えることができました。
建築設計監理契約をかわさせて頂いてからおよそ1年弱。
お施主様のことを思いながら、アイディアを出すために頭をひねり、
多くのスケッチ描き、分厚い図面を仕上げ、
毎週毎週、現場に足を運んでようやく完成した新しい家。

大きな労力と多大な時間を必要とする分、
ひとつひとつの物件を産み育てるのはとても楽しく、
また愛着のあるものとなります。

秋山立花が設計監理をした建築は、
そのすべてが秋山立花の「娘」のようなもの。
お引き渡しは「娘」とお施主さまの「結婚」です。

どこに出しても恥ずかしくないように育て上げた「娘」が
これからのお施主さまの人生の支えとなり、活力となり、
幸福な「結婚生活」が続くことを心の底から祈ります。

後日「港北の家」の竣工写真をホームページで、
ご紹介させていただきます。
秋山立花はこれからも多くの「幸せな娘たち」を
この世界に産み出していけるように日々頑張ってまいります。

秋山立花の思いを少しだけ

2013.02.18

昨日はペアレンティングホーム高津で、
第2弾、第3弾の
ペアレンティングホームを考える座談会を開催しました。

お集りいただいたみなさまのおかげで、
とても良い座談会になりました。
この場を借りて御礼申し上げます。
本当にありがとうございました。

みなさんのご意見やご感想とともに、
新たなペアレンティングホームを実現させていきます。

ペアレンティングホームであれ、
川崎ウェディングであれ、
お墓不足を解消しようとしていることであれ、
「なぜ、秋山立花はそれを始めたのか?」
ということを最近、聞かれることが多いので、
簡単ではありますが、ここに記しておきたいと思います。

秋山立花の理念は
『社会と人生に新しい選択肢を提案する』
です。
それが秋山立花の全てです。

僕らは選択肢が一つ増えれば、
その分、社会も人生も豊かなものになると信じています。
強く、信じています。

その思いの結果が、
ひとつひとつの建築やペアレンティングホームなどの
協創のプロジェクトに結実しています。

たとえば、ひとつひとつの家であれば、
多くの方は「家」に「自分」を合わせるという選択肢しか知りません。
これはおかしい。
「自分」に「家」を合わせることだってできるんだと、
そういう選択肢もあるんだと、僕たちは主張したい。
そして、あなたを思って建てられた家が、空間が、
いかに居心地が良く、いかにあなたを輝かせるかを知ってもらいたい。

また、ペアレンティングホームであれば、
子どもを産み育てるということは
生命として、人間として根本となる大切なことです。
しかし、時に子どもを産み育てることで、
仕事をすることが難しくなるなど、
社会的に不利益を得ることがあります。
これもおかしい。
子育ても仕事もどちらも大切なことです。
それを両立することができるように環境を整えたい。
両立できる選択肢を提案したい。

僕らは、僕らの主張が全ての人たちに適しているとは思っていません。
ただ『選択肢を増やしたい』それだけです。
しょうがないから、無いから、それを選ぶしかない社会は、嫌です。
自分で考え、自分で納得し、自分で選択ができる社会にしたい。

その思いで秋山立花は今日も仕事に邁進しています。

初・cosmosワークショップ

2013.02.11

cosmosに移転したということもあって、
cosmosネタの連続です。
ご容赦ください。

今日は、cosmosで初めてのワークショップを行いました。
テーマは『漆喰』

cosmosの壁は漆喰をみんなで塗ったのですが、
共有ラウンジ部分だけ、まだ未完でした。
その壁を利用して辻建材さんによる、漆喰塗りワークショップです。

昨今、漆喰といえども100%天然素材のものは少なくなってきました。
ところが、辻建材さんが扱う漆喰は、全て天然の材料で造られた、本物の漆喰。
僕も安心してお施主さまにお薦めできる素材です。

ワークショップの様子1
130211_142314_convert_20130211163827

ワークショップの様子2
130211_144513_convert_20130211163856

ワークショップの様子3
130211_144543_convert_20130211163907

これからご自宅に漆喰を塗られる方が、
実際に漆喰塗りを体験できる場として、
このワークショップを活用していただいています。

漆喰って自分で塗れるの?
という問いをよくいただきますが、自分で塗る事はできます。
もちろん、仕上がりという意味では左官職人さんには到底及びませんが、
自分で塗った空間というのは、自然と愛着がでるものですし、
伝統的な素材に触れ合える、とても良い体験だと思います。

こうして『成長』と『協創』のワークスペースであるcosmosは
みなさんのお力で、またひとつ空間としても成長することができました。

ホームページ更新

2013.02.04

ホームページを更新しました。

「実績」に秋山立花新事務所である、
cosmos』の竣工写真を掲載しました。

今回の写真は同じくcosmosで働く、
D-Styleの宮崎さんに撮影していただきました。

D-Styleさんとは
「打合せの風景から地鎮祭、上棟そして竣工まで」
お施主さまの表情と家ができていく様を撮影し、
『家ができる感動をいつまでも』
残していこうというプロジェクトを一緒にやっています。
宮崎さんと話していく中で産み出された、
お施主様目線の素敵な協創のプロジェクトです。

さて『cosmos』に移転して2週間ばかりが経ちました。

1月31日にオープニングパーティーを開いたのですが、
予想を超える多くの方々にお越しいただき、
とても楽しい時間を過ごすことができました。

改めて、秋山立花は多くの方々に支えられているのだなと、
実感した瞬間です。

この場をおかりして、
みなさまに御礼申し上げます。
本当にありがとうございます。

cosmosは『協創のシェアオフィス』とうそぶいておりますが、
その名に恥じぬよう、
この場所から新しい価値を
この場所から新しい仕事を
この場所から新しい選択肢を
産み出し、育んでいきます。

これからも秋山立花を。
そして協創の拠点『cosmos』をよろしくお願い致します。