新しい選択肢を産み出すために秋山立花が大切にしていること。それが協創です。

協創とは、他者と協力して新しい価値を創造すること。

異業種のプロフェッショナルたちと協力をしながら、社会と人生に新しい選択肢を創りだすための仕組みを設計しています。


ひとつひとつの建築も、社会に貢献するプロジェクトも、そうした協創の成果です。

秋山立花のオフィスは、入居する人同士で協力して空間をリノーベーションすることから始った、シェアオフィス「cosmos」です。これも「協創プロジェクト」のひとつです。

この他にも秋山立花は様々なプロジェクトを協創により進めています。

マザーポート

スクリーンショット

人生には港が必要です。
碇をおろし、船を修繕し、休息を得、新しい航海のために必要な荷を積む港が。
灯台の明かりを目指し、誰もが安心して寄港できる港が。

マザーポートは働くお母さんたちにとって、港でありたいと考えています。

子育てと仕事の両立で、日々、頑張っているお母さん。
その「頑張っているお母さん」という鎧をそっと脇において、
ひとときの休息と、これからのための情報を得られる港でありたい。

子育てと仕事の両立を目指すお母さんのための港。
それがマザーポートです。

連載スクショ

 

動画スクショ

 

コラムスクショ

マザーポートロゴ

マザーポートはシングルマザー家庭のための不動産ポータルサイトを目指しています。
不動産弱者になりがちなシングルマザー家庭に向けて、シングルマザー家庭歓迎の賃貸物件情報を提供していくサイトです。

物件情報だけではなく、連載企画や、動画、コラムを配信していき、働くお母さんにとって港のようなサイトになれるよう成長させていきます。

ペアレンティングホーム

home

 

ペアレンティングホームの特徴は大きく3つ。

 

oyako1、子どもたちが兄弟のように育つ

一緒に暮らす子どもたちが、まるで兄弟のように暮らすことで、お母さん、お父さんの育児の負担が軽減されます。ペアレンティングホームでは、子どもたち同士で遊ぶ。子どもたち同士で面倒をみる。そんな光景が日常です。
少子化で兄弟が少ない家庭も多い中、子どもたちが「社会」の中で育つことができます。

 

goen

2、子育ての仲間ができる

子育ては誰しも教わるものではありません。みんな初めての子育てで戸惑い、悩むことも多いです。そんな中、気軽に話し合える家族未満、友達以上の子育ての同士ができるのです。同じ境遇だからこそ分かりあえる。助け合える。「子育て」を通じて、お母さん、お父さんが輝いていきます。

 

3、チャイルドケアを共有する

ペアレンティングホームでは専用の「チャイルドケア」サービスを導入しています。
チャイルドケアシッターさんが決められた曜日、決められた時間にペアレンティングホームを訪れて、掃除、夕飯の用意などの家事から、子どもたちの遊び相手や勉強を見てあげたりします。

 

20160108日経産業新聞small

20140624産経新聞神奈川版 WEB

20141119読売新聞朝刊ds

20141008日経新聞ds

ペアレンティングホーム ロゴ
子育ても仕事も両立したい。
多くの人がそう思っていながら、なかなか難しいのが現状ではないでしょうか。

ペアレンティングホームは建築設計、保育園経営、シェアハウス運営、不動産のプロフェッショナルたちが集まってチームを組み、住環境を整えることで、子育てと仕事を両立する手助けをしていく、『子育てと仕事を楽しく両立する住環境を整える』プロジェクトです。

日本で初めてとなる『シングルマザー専用シェアハウス』を皮切りに、「住まい」という観点から子育てと仕事の楽しい両立を可能にしていきます。

そんな人たちが安心して子育ても仕事もできるようにしたい。
それがペアレンティングホームの願いです。

すむものがたり

top

すむものがたりは、
人と家をもっと楽しく、もっと密接につないでいく、
賃貸物件情報WEBマガジンです。

賃貸物件を選ぶ基準はどうしても、
最寄り駅や駅から徒歩何分かということが優先されがち。

その物件はどんな物語をもっていて、
どんな想いでつくられていて、
どうやってできあがったのか。

今まで発信されることのなかった、
その物件のストーリーを知る事で、 もっと家選びが楽しくなる、ワクワクする。
そんな体験をみんなで共有していきたいと思います。

sumuTOP_A_w240

空き家が増加して賃貸物件も厳しい競争にさらされています。そんななかで、秋山立花に設計を依頼していただいた物件オーナーに建築デザイン以上の付加価値を提供できないだろうか。そんな思いから産まれたのが、不動産WEBマガジン「すむものがたり」です。
「すむものがたり」では設計段階からプロジェクトの情報を発信していきます。コンセプトや施工状況など、その物件の「ストーリー」を随時提供していくことで、物件が完成する前から「ファン」を増やしていきます。

川崎ウェディング

125 のコピー

地域活性×ウェディングの試み

川崎が好き。だから川崎で結婚式を。

川崎で生まれ育ったり、川崎で仕事をしていたり。
川崎のことが好きで、川崎で結婚式を挙げたい人たちのために、
もっと自由に結婚式ができるようにしよう。
KAWASAKI WEDDINGは、ふたりの川崎で結婚式がしたいとい
う思いを応援していきます。
川崎が好き。だから川崎で結婚式を。
川崎をふたりだけの自由なウェディングができる街にしていきましょう。

193 のコピー

232 のコピー

 

20150718東京新聞

ブラック

川崎ウェディング

いつのまにか「結婚式場」という限られた空間に押し込められてしまったウェディング。
もっとふたりの思い出がある場所で、ふたりの好きな空間で、自由に挙げることができないか。そんなことを考えていた時に、ふと、街の中には上手に使われていない空間が以外と多いことに、気がつきました。

ウェディングを街に解き放ち、川崎を「どこでもウェディングができる街」に「いつも花嫁さんを見かける街」にしていく。それが『川崎ウェディング』の目指すところです。

川崎市の保有する施設、街路などの公共空間をウェディングに開放して街中を輝かせていきます。

川崎市のロケーション
川崎にはたくさんの魅力的な空間があります。
ふたりの思い出の場所で、ふたりが大好きな場所で、結婚式を挙げたり、ロケーションフォトを撮影したり。
川崎であればそんな自由な結婚式を実現することができます。

 

公式ホームページ

霊園・お墓

20150317毎日新聞

 

20150307神奈川新聞

パターンオーダーリノベーション

まずは空室の物件に対して、秋山立花が複数の改修案を提示。その改修案で入居者を募集します。

入居希望の方があらわれたら、秋山立花と打合せ開始。好みの改修案をひとつ選んで、そこからさらに自分好みに変更していきます。素材や色を変えるだけではなくて、壁の位置まで変えることができます。

設計が決まったら、入居の契約を交わし、工事スタート。1〜2ヶ月後には、自分の好きな空間で暮らし始められます。

POR_01

POR_03

POR_logo

賃貸の住宅にも、もっと選択肢があればいい。

空室の物件を高付加価値の物件に変えるために、不動産、建設会社と協創をしたのがパターンオーダーリノベーションです。

物件のオーナーさんには、リフォームしたのに空室のままというリスクをなくし、入居者の方は「家づくり」を体感しながら、自分の好みにあった部屋に住むことができるようになります。

誰もが満足することができる、賃貸の新しい選択肢です。

シェアオフィス「cosmos」

img_cosmos00

協創を実践していくために、秋山立花の事務所を異業種のプロフェッショナルが集まる、
シェアオフィスにしました。

関内駅北口徒歩5分のオフィス街にある年季の入ったビル。その中の二部屋を借りて、みんなでリノベーションをしました。壁の漆喰塗り、家具、どれも全て手仕事で改装。木が香り、緑があふれる仕事場です。

ここには入居者のみならず、多くの人々が訪れ、集い、新しい協創が日々、産まれています。

img_cosmos01

cosmosロゴ-透明

秋山立花の事務所であり、秋山立花が運営するシェアオフィスです。

 

入居一覧

一級建築士事務所 秋山立花
D-Style
・うすき行政書士事務所
・株式会社ワカゾウ
株式会社インプルーブ
Cras-i design

 

住所

〒231-0012
横浜市中区相生町3丁目60 泰生ビル3F cosmos