ブログ

建築家秋山の子育て日記 vol.9

2018.02.19

みなさん、こんにちは。

娘の髪の毛をドライヤーで乾かしているときに、

ささやかな幸せを感じている秋山です。

 

ようやく、インフルエンザも流行のピークが過ぎたようですね。

まだまだ油断はできませんが、

うちはなんとかこのまま罹らないで逃げ切りたいものです。

 

娘もどんどん、自我が出てきて、

物や行動に愛着をはっきりと持つようになってきました。

 

従兄弟からプレゼントされた白いくまのぬいぐるみは、一等お気に入りで、

外に出かける時も小脇に抱えて、可愛がっています。

最近ではお水を飲ませようとしたり、ご飯を食べさせようとしたり、

おままごとのようなこともし始めました。

もうね、本当に可愛いです。

 

そんな娘が最近ハマっているのが、

「おしっこをするためにトイレに行く」こと。

トイレトレーニングはもう少し後でもいいかなと思っていたところ、

頻繁に「チー、チー」とアピールするので、こども用の置き便座を購入しました。

それからというもの、とにかく頻繁にトイレに行きたがります。

 

「チー、チー」と言いながら、トイレに行こうと私の腕を引っ張ります。

 

実際はトイレに座ってもおしっこをするというわけではなくて、

単純に「トイレに行って、自分で便座をセットして、座って、遊ぶ」

という一連の流れがお気に入りのご様子。

 

トイレに座ってニコニコと。

トイレにあるものを指差しては「これは何? これは何?」と訊いてきます。

「もういい?」と尋ねて頷くので、便座から降ろすと、すかさず

「もう一回!」

とまた便座へ。

 

まずはトイレ自体に興味を持ってくれて、

自分で行きたいと思ってもらうこと自体はとても良いこと。

その姿は頼もしくもあるのですが、

しかしなぁ、こうも頻繁だとそれはそれで、私の腰が重くなる(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。