ブログ

ある建築家の育児日記 vol.2

2017.06.15

保育園から戻ってきた妻が

「ないないしようねー」って言うと、
自分でおもちゃをお片づけするようになったらしいよ。

と嬉々として教えてくれた。

なんと!!
もうそんなことまでできるようになっているのか!!

さっそく、おもちゃで遊び終えて、寝る準備をする間際に、
「じゃあ、ないないしようねー」と言ってみた。

どきどき。

ちらばっていたおもちゃを拾い上げて、
おもちゃを入れているかごにぼんぼんと入れていく娘。

入れるというか、投げ入れるというほうが正しい勢いだけれど、
確かに、自分でお片づけをしている。

本人はお片づけをしているというよりも、
「ないないする」という遊びをしているという風だけれど、
それが何とも言えず、良い。

最後の一個を投げ入れた後、
思わず感動して、すごいねー!と拍手をしたら、
娘も嬉しそうに、拍手をしていた。

なんと才能に満ちあふれた子なのだと、
思ってしまったのは親バカなのでお赦しいただきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。