ブログ

もう一つの「待機」問題

2013.08.19

今週末、横浜は市長選が行われます。
国家と言っても過言ではない、人口と予算規模を持つ、
日本で最大の政令指定都市でありながら、
主要政党の相乗りによって、
実質、市民の選択肢が限られてしまったのは残念ですが、
選挙にはしっかりと行きます。

さて、横浜市と言えば「待機児童0」を宣言しました。

評価されるべき功績ではありますが、
かなり、無理のある「0宣言」ですので、
実質的な解決にはまだまだ至ってないというのが現状です。

今後、現在の政策のまま、
この「0」であることに安住するようであれば、
より、困難な状況になることは目に見えています。

根本から解決していくためには、
保育の拡充だけではなく、
「保育」「働き方」「住まい」の3つのバランスを整えなくてはなりません。
ぜひ、横浜市が先頭をきって、
「子育てと仕事が誰でも両立することができる」ために、
保育偏重の政策からの転換を計って頂きたいと思います。

さて、「待機」と言うと「待機児童」ばかりがクローズアップされますが、
横浜市にはもうひとつ「待機」問題があります。

それは「お墓」

横浜市はこれから深刻なお墓不足に陥ります。
統計では9万基以上のお墓が足りない。
これは大きな問題です。

お墓に関してはイメージのこともありますし、
「票にならない」ため議員も取組みたがらない項目です。

しかし、現実的には圧倒的に足りていません。
この現状は、打破しなくてはならない。

新しく霊園を整備するとなると、
必ず起こることが「近隣住民の反対運動」です。
これは間違いなく起こります。

日本は先祖を大事にする土壌を持ち、
多くの人が「お墓は近くにあった方が良い」
と思っているにもかかわらず、
本当に自分の家の近くにお墓がくることは拒みます。

よく、土地の価値が下がるという論調もありますが、
これは一概にそう言い切れません。

なぜなら、横浜でもっとも高級な住宅街である、
山手にはすぐ近くに外国人墓地があり、
日本でも有数の高級住宅地である青山には、
すぐ近くに青山霊園があるのです。

外国人墓地があるから、
あるいは青山霊園があるからという理由で、
その一帯の地域で、
土地の価値が下がると思っている人はいるでしょうか?

ようは、お墓かどうかが問題の根本なのではなく、
「どのような霊園を整備するのか」が重要なのです。

霊園には多くの可能性があります。
「人を集めるため」の施設にもなりますし、
先祖が眠っているということは、その土地に愛着も湧くというもの。
人口減社会の中で、
人口の流出を防ぐ効果も産み出すことができると考えます。

霊園の在り方も、
公園のように整備するもの、
建物のように整備するもの、
整備の方法は多様性が出てきます。

霊園をさけるのではなく、
地域活性や、教育という分野に積極的に活用していく。
それがきたるべきお墓不足社会での霊園の在り方です。

秋山立花は
「社会と人生に新しい選択肢を提案する」
建築設計事務所として、
この「お墓待機問題」にも積極的に提言をしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。