全国ひとり親居住支援機構

母子の居住支援を全国に広めていくために、母子ハウスの事業者が連携して立ち上げたNPO法人

「3つの共」

「3つの共」についての詳細

  • 共感

    全てのこどもたちと母親が安心して暮らせる社会にしたい

  • 共創

    母子のための居住支援の仕組みを分野を横断して作り上げていく

  • 共有

    ノウハウを広く共有して全国に母子ハウスを広めていく

そして…

住まいを起点としたあらゆる支援のネットワークを産みだす

「3つの共」についての詳細

全国ひとり親居住支援機構が目指すもの

こどもたちとお母さんが、笑顔で、安心して暮らすことができる住環境を全国で増やしていきたい。

それが、全国ひとり親居住支援機構が目指すことです。

 

もし、あなたが住む場所を借りることができなかったらどうしますか?

母子家庭や、これから離婚を考えている母子にとって、
このことは現実的に直面している課題です。
住所を持つことができなければ、こどもを保育園に預けることもできません。
保育園がなければ、仕事をすることができません。
仕事をすることができなければ、住所を持つことができません。
こうしたジレンマに直面してしまう可能性が極めて高いのが現状です。

安定した住宅の確保。

居住支援は母子の自立に向けた、大切な一歩目なのです。

私たちは、民間から、この課題に対して正面から向き合っています。

 

全国ひとり親居住支援機構について

私たちは全国の母子ハウスの運営事業者が集まったNPO法人です。

それぞれが各地で母子のためのハウスを運営しながら、

こどもたち、お母さんたちが自立して暮らせるように、日々活動をしています。

 

私たちの事業

 

1、事業者間の連携

母子ハウスを運営する事業者同士の連携を強めて、母子の居住支援の輪を広めていきます。
事業者の日々の活動をサポートし、母子により良い住環境を用意できるようにしていきます。

 

2、専門家、行政との連携

弁護士や保健師のみなさん、母子の支援団体のみなさん、行政のみなさんと情報の共有を進めていくとともに、支援のネットワークを構築していくことを目指します。

 

3、母子ハウスを広めていく

母子ハウスのポータルサイト『マザーポート』の運営。
講演活動。
などを通じ、母子の居住支援についての情報を発信していきます。

メディア掲載

  • 2019年11月4日 全国賃貸住宅新聞
  • 2019年10月30日 毎日新聞