ブログ

ある建築家の子育て日記 vol.7

2017.11.27

みなさん、こんにちは。

娘が可愛すぎて可愛すぎて、娘の手のひらの上でころころと転がされている秋山です。

身体の節々が擦れてまんまるになるくらい、転がされれば本望です。

 

さて、今回は「呼び方」について書こうと思います。

 

半年程前、私たちの娘も単語を口にするようになりました。

ご多分に漏れず、意味が通じるのは「ママ」と「パパ」から始まります。

今はじょじょに意味をなしていっているかな、という言葉が散見されてきています。

ネコのことをニャンニャンとか、犬のことをワンワンとか。

(実際は「にゃぁにゃ」とか「わぁわ」とかになってますが)

 

そんななか、半年前から駆使し始めた「ママ」はそれはもう、

表現のバリエーションも増え、力強さも増すばかりです。

 

なのに、「パパ」消えた。

 

いつの頃からか、「パパ」という単語を口にする事が極端になくなりました。

いや、言える事は言えるのです。言おうと思えば言えるんです。

言えるんですが、言わないんです。

なぜだろう??

 

そして、もっとなぜだろうと思うのが、

私のことを「ママ」と呼ぶのです。

 

もちろん、妻のことも「ママ」と呼びます。

 

必然的に「ママ」と呼ばれると妻も私も振り返ります。

ママ2人体制。

 

当初は「ママじゃないよ、パパだよ」

と言ってきかせていたのですが、

一向に「ママ」と呼ぶ事が多くなってしまったので、

もう、「ママ」でいいや。というのが今のところの心境です。

 

なぜ娘が私のことまでも「ママ」と呼ぶようになったかは、皆目検討がつきません。

しかし、そんななかでもなんとなく、

妻を呼ぶ「ママ」と私を呼ぶ「ママ」には、

表現に微妙な差異があるように感じてきました。

 

妻を呼ぶ時は屹然と「ママ」と発音します。

はっきりくっきり、クリアな「ママ」です。

 

私のときはどちらかというと「まぁうまぁ」といか「もぉあもぁ」というか。

なんというかふんわり言っているように感じます。

 

なんとなく。

もしかすると、気のせいかもしれませんが。

 

おそらく、娘の中では「ママ」の使い分けをしているのではないか。

同じ音でも、表現の際によって結果が違うことを楽しんでいるのではないか。

などなど推察するのですが、真相はもちろん、娘の胸の中。

 

ということで、今日も「ママ」と呼ばれて笑顔で振り向いています。

服装について

2017.11.24

服装について少し。

私はあまり自分が着るものに対して頓着しない。

というか、あまり興味がないというのが正直なところです。

そこにあるものを着る。

極端に言うと、寒くもなく暑くもなければそれでいいかな。

くらいの感覚を持っていました。

 

なので、毎朝、服を選ぶということがけっこう苦痛でした。

 

時間もかかるし、悩むし。

考えるのはとても好きだけれど、悩むことは極力さけていきたい。

 

ということで、もう悩むのをよそう!

 

と思い立ち、同じシャツ、同じジャケットを夏用、冬用と、

複数枚造っていただき、毎日それを着る事に。

 

 

おかげさまで、服で悩むことがなくなって、

とてもストレスが軽減されました。

 

何も悩むことなく、

クローゼットにかかっている同じシャツ、同じジャケットから、

毎朝1枚取出して着るだけ。

 

楽!!

 

圧倒的に楽だし、朝の準備が早くなります。

 

個人的にはとてもオススメなのですが、

「何を着ていくか考えるのが楽しいんじゃない!」

と言われると、ぐうの音もでません。

ある建築家の子育て日記 vol.6

2017.11.20

とあるリフォーム業界向けの雑誌に取り上げていただきました。

 

本当はリノベーションについて実例を交えながら、

お話をさせていただくという企画だったのですが、

話が逸れに逸れて、結局落ちついたのが、子育てと仕事の両立のお話。

 

 

秋山立花はスタッフ3名のうち2名がこどもを持つお母さんで、

私自身、1歳7ヶ月になる娘がいます。

必然的に子育てをしながら仕事をしていくことになります。

子育てと仕事の両立って本当に言うだけなら簡単なんですが、

実際に行なうとなると、さまざまな工夫が必要になってきます。

努力や根性では立ち行きません。

しっかりと考えて、制度化し、かつそれを柔軟に運用できなくては、

仕事と子育ての両立できる事務所にはならないのです。

 

 

少なくとも、秋山立花は子育ても仕事もしっかりと両立できる、

職場環境を整えて実践しています。

 

なによりも私が、それを必要としていましたし、

そうした環境があれば、スタッフも気持ちよく働く事ができます。

 

もちろん、その環境を維持するためには不断の努力が必要になりますが、

その努力はこの先、仕事の安定と拡大に大きく寄与してくれると信じています。

上星川 街の活動記録 〜かみほしかわらばん〜

2017.11.17

みなさん、こんにちは。秋山です。

 

2日続けて、上星川のことをレポートしていきたいと思います。

 

横浜国立大学の学生たちが授業の一環で、作成していたもの。

今までどこにも情報を出していませんでしたが、

ようやく日の目をみることができました。

 

その名も「かみほしかわらばん」!!

 

 

上星川の情報をお届けするフリーペーパーです。

 

 

スタジオに属する9名の学生たちが、発刊に向けて準備を進めていました。

 

 

祈念すべき第一号は、上星川商店街のお店を記したマップ。

そして、店舗紹介を掲載しました。

 

 

上星川商店街周辺のお宅にポスティング。

そして、各店舗さんにも常備していただいております。

街で見かけたらぜひ、手にとってみてくださいね。

 

そして、こちら。

おなじ「かわらばん」でも「相鉄瓦版」

 

じつは、こちらにも上星川の活動が取材されています。

相鉄線ユーザーにはなじみ深い「相鉄瓦版」

 

こちらもぜひ、手にとってみてください。

 

今回はダブルの「かわらばん」情報でした!

上星川 街の活動記録 〜バニヤン記念日〜

2017.11.16

みなさん、こんにちは。秋山です。

おひさしぶりとなってしまいましたが、上星川の活動をレポートしたいと思います。

 

美味しいパン屋さんが欲しい。

そんな思いから始まったこの活動もそろそろ2年を迎えることになります。

早いような、そうでもないような。

 

肝心のパン屋さんは現在来年2月のオープンを目指しております。

バニヤンツリーベーカリー、いましばらくお待ちください。

 

昨日11月15日は

株式会社バニヤンツリーベーカリーの登記が終了したとのことで、

会社設立記念日となりました。

バニヤン記念日です!

 

 

山内さん、おめでとうございます!

「街づくりをするパン屋さん」として、これからも上星川で輝いてください!

まだ、パン屋オープンしていませんが、、、

 

 

ピースサインの山内さんと、喜ぶアニキ荒川さんのツーショットをぱちり。

 

パン屋オープンまでまだもう少しありますが、街ぐるみで応援致します!

1 / 11