ブログ

講演

2017.02.08

昨日は、

一般社団法人インターホン工業会さんの

50周年記念式典にて、基調講演をさせていただきました。

そんな節目の式典の講演が、僕で大丈夫なのだろうかと恐縮しきりですが、

なんとか与えられた責務を果たせたかなと思います。

 

相変わらず、建築の話というよりも、

社会問題をいかに解決していくかというような講演内容で、

それこそインターホンとは関連の薄い内容ではありましたが、

みなさん熱心に御聴きくださり、とても嬉しかったです。

 

職業上、講演や講義をさせていただく機会が多く、

毎度ながら、お話をいただくたびに嬉しく思います。

 

日本全国どこへでも、お話をいただければ飛んで参ります。

ペアレンティングホーム内覧会

2017.02.04

PH玉川学園_内覧会

 

2月12日に6件目となるペアレンティングホームが町田市にオープンします。

オープンに先立ちまして、内覧会を開催致します。

 

みなさまぜひ、いらっしゃってください。

 

シングルマザー向けシェアハウスの走りとして、

ペアレンティングホームが生まれてから5年。

 

これからも

仕事も子育ても楽しく両立できる社会を目指して、

活動を続けていきます。

上星川訪問記 〜まち普請事業に採択!〜

2017.01.30

週末の日曜日。

桜木町で行なわれた、ヨコハマ市民まち普請事業の最終コンテスト。

私たち上星川メンバーの提案

『上星川の「ひと」「まち」「こと」のふれあい広場』

はプレゼンテーション、交換討論会を経て、見事、採択されることになりました!!

IMG_3026

結果が発表された瞬間。

IMG_3030

審査員の方々から、満票の支持をいただくことができました。

 

S__25804889

最終プレゼンで熱量ある語りをみせてくれた天野キャプテン。

S__25804887

緊張感があったものの、安定のしゃべりをみせる荒川のアニキ。

 

最終コンテスト前日も深夜までみんなでプレゼンの練習に励んだ成果が現れました。

S__36610069

チームメンンバー。

上星川の地元の方々。

コーディネーターとして素敵なサポートをしていただいた、片岡さん、林さん。

横浜市役所の石垣さん、田口さん。

そしてなにより、1年を通して上星川を舞台に活動をしてくれた、横浜国立大学の学生たち。

本当に多くの方々のお力添えで、

上星川の活動は飛躍的に密度もスピードも上がっていきました。

 

コンテストはこれで終わりましたが、

商店街の活性化、上星川の活性化はここからが本番です。

まち普請事業の採択を受けて、税金の中から補助金が交付されるという責任も生まれました。

これからも地域の方々と一緒になって、上星川を盛り上げていきたいと思います。

上星川訪問記 〜ヨコハマ市民まち普請〜

2017.01.27

今週末 1月29日の日曜日。

平成28年度ヨコハマ市民まち普請事業』の

最終コンテストが1月29日に桜木町で行なわれます。

秋山立花は

保土ヶ谷区、上星川の「ひと」「まち」「こと」のふれあい広場

という事業において

「チームメンバー」であり、

広場の設計をする「建築家」でもあり、

大学の授業の一環として「横国の非常勤講師」でもある

という3つの立場で係わらせていただいています。


ひとつの建物、ひとつの空間の設計をこえて、

街が活気づいていくための仕組みづくりとその実践。

とても楽しみな事業になっているので、ぜひぜひ応援にきてください。

170106tirashi_ページ_1

170106tirashi_ページ_2

時にはどうしても

2017.01.26

自分自身の働き方を変えよう。

と今年は意気込んで取り組んでいます。

まずは休みの日を決めること。

そして、夜は早く帰り、帰ったら仕事をしないこと。

朝は早く起きて、仕事をすること。

この3つを習慣にしていこうと。

 

なので、原則として毎週火曜日は休みにする。

そして、夜6時以降は仕事をしない。

 

と決めてみました。

すでに入っている予定もあるので、

1月は助走期間で2月から本格運用という心づもりで試しています。

 

守れる日もあれば、守る事のできない日もありますが、

強制的に自分の中で時間を区切ると、やはり仕事の能率は飛躍的に上がります。

仕事中、常に全力疾走しているようなものなので、

一日が終わるといつもよりも疲れますが、

仕事を終えた後の疲労感はとても心地よいです。

 

家に帰れば家事と育児に集中できるのもとても良いことですし、

リフレッシュにもなります。

 

ただ、建築の仕事というのは時間をコントロールできることばかりではないのが事実。

特に設計を考えているときは、本当に時間が読めません。

パッとデザインのアイディアが思い浮かぶこともあれば、

何日も何日もずっと考えてもなかなかでてこないこともあります。

 

ということで、先日は久しぶりに徹夜でアイディア出しをしてました。

徹夜で考えるという事は、褒められたものではないですが、

何かを考え生み出していく作業というのは、

時にはどうしても、こういう時間が必要になってしまうものだなと、

改めて思い知りました。

 

とはいえ、これからも引き続き、

働き方を変えていくように自分を律していきたいと思います。