ブログ

ある建築家の子育て日記 vol.5

2017.07.24

暑い日が続きますね。

熱中症のニュースも頻繁に目にするようになりました。

水分補給をこまめにして、暑さ対策、熱中症対策しながら、

おでかけしたいですね。

 

さて、1歳3ヶ月になった娘。

どんどん、自我というか、個性がでてきます。

ご飯を食べる時もそう。

 

最近、自分の手で食べたいという意欲が出てきたと思ったら、

ご飯で遊ぶようになり、

いつの間にかそれが収まって、いまは黙々と食べています。

順調に成長しているんだなぁと思う反面、

不思議なのが「ご飯はパパが食べさせてくれるもの」という認識が、

いつのまにか出来上がっていたことです。

 

家族3人でご飯を食べている時。

妻がスプーンで娘にご飯をあげようとすると、

そのスプーンを奪い取って、

「んっ!!」

と私に差し出します。

まるで、

「ご飯を食べさせるのはパパの仕事でしょっ!!」

と言わんばかりに力強く。

 

何度か試してみても、必ず、私にスプーンを差し出す娘。

 

娘の従者になった気分。

 

いったいなぜそんなことになったのか、分かりませんが、

こうした変化を見ることができるのは本当に楽しいです。

 

しばらく経てば、またちがったことをやりだすんだろうな。

ある建築家の子育て日記 vol.4

2017.07.20

最近、娘はとにかく歩きたがる。

今月の初めには数歩が限界だったのだけど、

いまではずんずんずんずんと歩く歩く。

もちろん、まだバランスが微妙でちょっとしたことでコテっと尻餅をつくのだけれど、

目覚ましい進歩で歩く事を覚えていっている。

 

そんな娘が昨日、初めてオムツを立った状態ではけるようになった。

オムツを床すれすれにスタンバイして、

足が入れやすいように手で押し拡げておきながら、

「はーい、オムツはきますよー」っと声掛けすると、

ニヤっと笑いながらそろそろと片足を上げる。

私の肩や、壁に手をつきながらだけれど、片足立ちをして、小さな足をオムツの中へ。

 

スッと片方が入るのを見届けて、

「はーい、こんどはこっちー」と声をかけると、

声を上げて笑い声を発し、もう一方の足をオムツの中へと入れていく。

 

そこですかさず、オムツをススッと上に持ち上げれば、

なんと楽にオムツをはかせられることか!!

 

できる事が増えていく娘の姿が、まばゆいばかりに光って見えます。

ある建築家の子育て日記 vol.3

2017.06.26

今日は、娘が急な発熱のため、保育園をお休み。

 

37.5度の境界線。

 

行けるかな、行けないかなと逡巡している間に、

これは病児保育も間に合わなそうだなという時間。

 

これはもう割り切って、一緒に家で過ごすしかなさそう。

ということで、本日お打合せの予定をいただいていた方々に、

直前の無理なスケジュール変更をお願いしての、家作業。

 

御対応いただきまして、本当にありがとうございます。

 

発熱といっても本人は元気に遊んでいるし、

いつも通り、よく食べる。

体調の面では特別心配する必要はないので、

私は仕事しつつ、娘と遊びつつ。

 

丸まる一日、娘と過ごしていると、

「あー、こんなことができるようになったんだ」

という発見が多くて、びっくりする。

 

昨日までできなかった事、やらなかった事を

突然、今日、やりだす。

 

このくらいの年齢のこどもたちにとっては、

当たり前のことだとは思いつつも、

そのひとつひとつの変化が愛おしくて、

間近で見る事ができる幸せをかみしめています。

ある建築家の子育て日記 vol.2

2017.06.15

保育園から戻ってきた妻が

「ないないしようねー」って言うと、
自分でおもちゃをお片づけするようになったらしいよ。

と嬉々として教えてくれた。

なんと!!
もうそんなことまでできるようになっているのか!!

さっそく、おもちゃで遊び終えて、寝る準備をする間際に、
「じゃあ、ないないしようねー」と言ってみた。

どきどき。

ちらばっていたおもちゃを拾い上げて、
おもちゃを入れているかごにぼんぼんと入れていく娘。

入れるというか、投げ入れるというほうが正しい勢いだけれど、
確かに、自分でお片づけをしている。

本人はお片づけをしているというよりも、
「ないないする」という遊びをしているという風だけれど、
それが何とも言えず、良い。

最後の一個を投げ入れた後、
思わず感動して、すごいねー!と拍手をしたら、
娘も嬉しそうに、拍手をしていた。

なんと才能に満ちあふれた子なのだと、
思ってしまったのは親バカなのでお赦しいただきたい。

ある建築家の子育て日記 vol.1

2017.05.30

娘が1歳の誕生日を迎えてから1ヶ月ちょっと。

4月から通っている保育園にもだいぶ慣れてきて、
ここ数日の暑さのおかげで、あせもができてきた今日このごろ。

最近、朝、洗濯物を干していると、
娘が嬉々として近くにやってきて、
お手伝いをするようになった。

洗濯かごから思い思いに洗濯物をつかんでは、
ひょいひょいと僕に渡してくれる。

渡されるたびに、
「ありがとー」と頭をなでなですると、
「あー」と言って、やや照れる。

少しずつ、少しずつ、
コミュニケーションの幅が広がってきているなと実感する。

1 / 11