ブログ

建築家秋山の子育て日記 vol.9

2018.02.19

みなさん、こんにちは。

娘の髪の毛をドライヤーで乾かしているときに、

ささやかな幸せを感じている秋山です。

 

ようやく、インフルエンザも流行のピークが過ぎたようですね。

まだまだ油断はできませんが、

うちはなんとかこのまま罹らないで逃げ切りたいものです。

 

娘もどんどん、自我が出てきて、

物や行動に愛着をはっきりと持つようになってきました。

 

従兄弟からプレゼントされた白いくまのぬいぐるみは、一等お気に入りで、

外に出かける時も小脇に抱えて、可愛がっています。

最近ではお水を飲ませようとしたり、ご飯を食べさせようとしたり、

おままごとのようなこともし始めました。

もうね、本当に可愛いです。

 

そんな娘が最近ハマっているのが、

「おしっこをするためにトイレに行く」こと。

トイレトレーニングはもう少し後でもいいかなと思っていたところ、

頻繁に「チー、チー」とアピールするので、こども用の置き便座を購入しました。

それからというもの、とにかく頻繁にトイレに行きたがります。

 

「チー、チー」と言いながら、トイレに行こうと私の腕を引っ張ります。

 

実際はトイレに座ってもおしっこをするというわけではなくて、

単純に「トイレに行って、自分で便座をセットして、座って、遊ぶ」

という一連の流れがお気に入りのご様子。

 

トイレに座ってニコニコと。

トイレにあるものを指差しては「これは何? これは何?」と訊いてきます。

「もういい?」と尋ねて頷くので、便座から降ろすと、すかさず

「もう一回!」

とまた便座へ。

 

まずはトイレ自体に興味を持ってくれて、

自分で行きたいと思ってもらうこと自体はとても良いこと。

その姿は頼もしくもあるのですが、

しかしなぁ、こうも頻繁だとそれはそれで、私の腰が重くなる(笑)

建築家 秋山の子育て日記 vol.8

2018.01.24

みなさん、こんにちは。

降雪に続き、強い寒波が日本列島を包むようですね。

体調はさることながら、路面凍結など重々注意して行きましょう。

 

子育て奮闘中の皆さん、お子さんの送り迎え頑張りましょうね!

 

さて、不定期の子育て日記8回目です。

 

 

娘も1歳9か月を迎え、この頃はいろんな言葉を発するようになりました。

まだ発音はあやふやではありますが、日毎に単語が増えていきます。

今日は、こんなことを言えるようになった、こんなこと言ってた、と楽しい毎日です。

 

そんな中でも最近頻繁に口にする単語が「なっとう」

 

そう、食べ物の納豆です。

 

少し前はなんでもパクパクとよく食べていたのですが、

最近は食べ物の好みが出てきて、特定のものを好んで食べるようになってきました。

そんな娘の大好物がゴーヤときのこ類全般、そして納豆。

 

ゴーヤは季節柄、今は食卓には並ばないので、

もっぱら、きのこと納豆を所望します。

 

朝、パンを食べてても「なっとう」

夜、カレーを食べてても「なっとう」

 

まだきのこ類の名前は覚えきれないのか、とにかく「なっとう」は連呼。

 

栄養もあり、健康的にも納豆を好きになってくれるのは喜ばしいのですが、

食べ過ぎもそれはそれで気になるもの。

 

今夜もひとりで2パック食べてしまったので、ちょっとあげすぎたかなと反省中です。

建築家 秋山の子育て日記 vol.7

2017.11.27

みなさん、こんにちは。

娘が可愛すぎて可愛すぎて、娘の手のひらの上でころころと転がされている秋山です。

身体の節々が擦れてまんまるになるくらい、転がされれば本望です。

 

さて、今回は「呼び方」について書こうと思います。

 

半年程前、私たちの娘も単語を口にするようになりました。

ご多分に漏れず、意味が通じるのは「ママ」と「パパ」から始まります。

今はじょじょに意味をなしていっているかな、という言葉が散見されてきています。

ネコのことをニャンニャンとか、犬のことをワンワンとか。

(実際は「にゃぁにゃ」とか「わぁわ」とかになってますが)

 

そんななか、半年前から駆使し始めた「ママ」はそれはもう、

表現のバリエーションも増え、力強さも増すばかりです。

 

なのに、「パパ」消えた。

 

いつの頃からか、「パパ」という単語を口にする事が極端になくなりました。

いや、言える事は言えるのです。言おうと思えば言えるんです。

言えるんですが、言わないんです。

なぜだろう??

 

そして、もっとなぜだろうと思うのが、

私のことを「ママ」と呼ぶのです。

 

もちろん、妻のことも「ママ」と呼びます。

 

必然的に「ママ」と呼ばれると妻も私も振り返ります。

ママ2人体制。

 

当初は「ママじゃないよ、パパだよ」

と言ってきかせていたのですが、

一向に「ママ」と呼ぶ事が多くなってしまったので、

もう、「ママ」でいいや。というのが今のところの心境です。

 

なぜ娘が私のことまでも「ママ」と呼ぶようになったかは、皆目検討がつきません。

しかし、そんななかでもなんとなく、

妻を呼ぶ「ママ」と私を呼ぶ「ママ」には、

表現に微妙な差異があるように感じてきました。

 

妻を呼ぶ時は屹然と「ママ」と発音します。

はっきりくっきり、クリアな「ママ」です。

 

私のときはどちらかというと「まぁうまぁ」といか「もぉあもぁ」というか。

なんというかふんわり言っているように感じます。

 

なんとなく。

もしかすると、気のせいかもしれませんが。

 

おそらく、娘の中では「ママ」の使い分けをしているのではないか。

同じ音でも、表現の際によって結果が違うことを楽しんでいるのではないか。

などなど推察するのですが、真相はもちろん、娘の胸の中。

 

ということで、今日も「ママ」と呼ばれて笑顔で振り向いています。

建築家 秋山の子育て日記 vol.6

2017.11.20

とあるリフォーム業界向けの雑誌に取り上げていただきました。

 

本当はリノベーションについて実例を交えながら、

お話をさせていただくという企画だったのですが、

話が逸れに逸れて、結局落ちついたのが、子育てと仕事の両立のお話。

 

 

秋山立花はスタッフ3名のうち2名がこどもを持つお母さんで、

私自身、1歳7ヶ月になる娘がいます。

必然的に子育てをしながら仕事をしていくことになります。

子育てと仕事の両立って本当に言うだけなら簡単なんですが、

実際に行なうとなると、さまざまな工夫が必要になってきます。

努力や根性では立ち行きません。

しっかりと考えて、制度化し、かつそれを柔軟に運用できなくては、

仕事と子育ての両立できる事務所にはならないのです。

 

 

少なくとも、秋山立花は子育ても仕事もしっかりと両立できる、

職場環境を整えて実践しています。

 

なによりも私が、それを必要としていましたし、

そうした環境があれば、スタッフも気持ちよく働く事ができます。

 

もちろん、その環境を維持するためには不断の努力が必要になりますが、

その努力はこの先、仕事の安定と拡大に大きく寄与してくれると信じています。

建築家 秋山の子育て日記 vol.5

2017.07.24

暑い日が続きますね。

熱中症のニュースも頻繁に目にするようになりました。

水分補給をこまめにして、暑さ対策、熱中症対策しながら、

おでかけしたいですね。

 

さて、1歳3ヶ月になった娘。

どんどん、自我というか、個性がでてきます。

ご飯を食べる時もそう。

 

最近、自分の手で食べたいという意欲が出てきたと思ったら、

ご飯で遊ぶようになり、

いつの間にかそれが収まって、いまは黙々と食べています。

順調に成長しているんだなぁと思う反面、

不思議なのが「ご飯はパパが食べさせてくれるもの」という認識が、

いつのまにか出来上がっていたことです。

 

家族3人でご飯を食べている時。

妻がスプーンで娘にご飯をあげようとすると、

そのスプーンを奪い取って、

「んっ!!」

と私に差し出します。

まるで、

「ご飯を食べさせるのはパパの仕事でしょっ!!」

と言わんばかりに力強く。

 

何度か試してみても、必ず、私にスプーンを差し出す娘。

 

娘の従者になった気分。

 

いったいなぜそんなことになったのか、分かりませんが、

こうした変化を見ることができるのは本当に楽しいです。

 

しばらく経てば、またちがったことをやりだすんだろうな。

1 / 212