実績

鵠沼の住宅改修

  • 平成22年3月
  • 神奈川県藤沢市
  • 写真:鳥村鋼一写真事務所

kugenuma_0010

kagenuma01a幼少のころを過ごされた家であるならば、古家を壊し、新しく建て替えるということよりも、改修するという選択肢がもっと選ばれるようになると良い。

 

kagenuma01b

 

新築と改修では、設計の入り方がまるで違うものになる。新しい空間への要望と同じくらい、この家での思い出に耳を傾ける。

この空間で何がおこって、どのような生活があったのか。

 

kugenuma02

kagenuma03a必ずしも「思い出」を物理的に空間に残す必要はない。

一番大切なのは、思い出を巡る対話を経た上で、設計が進んで行くことだ。

kagenuma03b

新しい空間を考えながらも、過去のことを振り返り続ける。

設計が進んでいるその時間が、幼少のころの自分と再び巡り会うための貴重な時間になるのだから。

 

kugenuma04

家具と建築

新しい空間が出来上がれば、そこに似合う家具が欲しくなる人は多いと思います。

この家ではダイニングテーブルとテレビボードを空間に合わせて設計しました。照明器具やブラインドなども含め、家具と空間を全て設計することができるのも秋山立花の強みです。

『KLASIC』掲載記事

http://www.klasic.jp/article/detail/781

■ 他の実績を見る