実績

相模原の家

  • 平成23年11月
  • 神奈川県相模原市
  • 写真:鳥村鋼一写真事務所

t-house_001

立派な日本庭園に年季のはいった家が建っていた。長く、家族が過ごしたその家は、おそらく家族構成が変わるたびに少しずつ、手を加えられ、大事にされてきたのだと思う。
そんな母屋を解体しての、新しい家の設計。

sagami02b母屋を半分だけ解体して、そこに住まい続けながら、新しい家を建てていくという、ちょっと変わった進め方で設計をしていった。

 

 

 

 

どの部屋からも庭園が良く見えるように、そして母屋に配慮しながら建物の配置を調整していくと、建物の中央に、ショートケーキのワンピースみたいな余白ができた。

sagami01

その三角形の空間を玄関ホールにして、左に行けば「平屋の家族が集う空間」右に行けば「それぞれの自分の時間を楽しむ空間」とする。

sagami03

sagami05

sagami04a

新居が完成し、引っ越された後、役割を終えた母屋の残りが解体されて、芝生が敷かれる。

母屋の痕跡は、和室に取付けられた欄間にのみ残るだけではあるけれど、一つの敷地の中で、こうして建物のバトンタッチが行われていくこと。一家が住み続けていくことを見ることができて嬉しい。

sagami04b

敷地の話

敷地には広い敷地もあれば、狭い敷地もあります。でも広ければ設計が楽で、狭ければ難しいとは一概にはいえません。

ひとつひとつの敷地は人間と同じで、それぞれに個性を持っています。その個性をちゃんと見てあげること、感じてあげること。それが一番重要です。

広くても狭くても、あなたのための、世界でたったひとつの敷地です。敷地の持っている可能性を十二分に引き出してあげる。それが建築家の役割です。

■ 他の実績を見る