実績

戸塚の家

  • 平成22年11月
  • 横浜市戸塚区
  • 写真:鳥村鋼一写真事務所

totsuka01

区画の広い、閑静な住宅街を歩いていく。分譲されてから今まで、長い年月の間、変わることがなかった景色も、少しずつ新陳代謝が始まっている。大きかった敷地をふたつに分けて建てられた、まだ新しい住宅がちらほらと目に付いた。

totsuka04aだから最初に敷地に案内された時は、やはり多少驚いた。

ここが敷地です。と通された場所は、広い区画のままの敷地でもなく、ふたつに分けられた分譲地でもなく、敷地の一角。母屋の駐車スペースだった。

totsuka04b

 

 

 

 

 

 

車が一台とまれば、あとは人が歩く分の幅しか残らない、細い敷地。

 

 

totsuka03

totsuka02bだけどそこに、多くの友人が集まることができる広い空間を求められた。こんなふうに、一見、難題のように思えることを予想以上の結果で答えるのが建築家の真骨頂。

 

totsuka02a

 

 

 

 

できあがった空間には、多くのご友人が招かれている。人が集っても、それを無理なく許容できる、懐の広い家になった。

 

戸塚の家

「広さ」について

部屋の広さで一番重要なことは、実際の面積ではなくて、広く「感じる」こと。

この広く「感じさせる」空間の作り方は、様々な方法があります。教科書を書けるくらい、テクニックとして広く感じさせることができる。

この広く「感じる」空間の引き出しを豊富に持っているということは、秋山立花の強みのひとつです。

■ 他の実績を見る